良いモノが売れるとは限らない?

発表されてから何かと話題であったMazda3, 旧名Axela. 最近のマツダはデザイン統一とスーパーリーンバーンエンジン等の尖った技術, 目黒碑文谷店に代表されるブランド発信旗艦店の整備を推進し, 車両価格のUP・値引幅の縮小による利益改善を図ってきたと認識していた. 私自身, Mazda3が発表されたときはデザインの美しさとマニュアルミッションの設定に魅力を感じ, 車名も海外と同じMazda3に変えたこともイメージ戦略として奏功するだろうと思った.

mazda3

しかし, そのMazda3が売れていないらしい. 先日, 広島空港に実車が展示されていたので全体を眺めてみると, 想像していた以上にサイズが大きいことに驚いた. コンパクトカーをイメージしていたので, 正直これは大き過ぎて我が家にはとても置けないなぁと思った. 同じようにもう少しコンパクトなサイズを期待していた方もいるかもしれないが, 不振の最大の理由はその価格設定にあるのだろう. このクラスで300万円オーバーは中々難しいのかもしれない. デザインだけ見れば新型BMW 1シリーズよりも洗練されいると思うのだけどなぁ… まぁ, 日本で売れないだけだったら良いのだけど北米も不振で, 第一四半期決算では営業利益が78.7%減だというからどうしちゃったんだろうね.

アジア風味

新築中の家は部屋によって趣向を変えてみたいと思っている. 1階のホールはアジアリゾート風, 主寝室は英国アンティーク風, リビングは北欧モダン風といった感じ. 1階ホールを妄想するためにショップに出掛けて家具等を物色してきた.

ホールと言うと凄く広い余剰スペースと感じてしまうが, 狭小地に建ぺい率ギリギリに建てる家にそんな贅沢なスペースが作れるはずもなく, 玄関を上がったところにあるちょっとしたスペースである. ホールというと何だか贅沢な気持ちになれるじゃん, という自己暗示的な単語.

展示してあったチェアがアジア風味で, こんなのにもたれかかって昼寝できたら最高. 海辺に近い木陰でそよ風に当たりながら過ごす時間であれば最高かもしれないが, 都内のアスファルトしかない住宅地でアジアンリゾートを感じるには無理にでもアロマ焚いたりするしかないかも.

D

何をするにも面倒臭がりの私がアロマを焚くなんて生まれ変わっても無理な話. 娘が興味ありそうだから我が家の環境保全担当として活躍してもらうしかないな. 後はちょっとした観葉植物であったり飾り物で雰囲気だせるかな. 家具や飾り物は万が一外してしまった時のリスクを考えると慎重にならざるを得ないが, 欧州家具に比べてインドネシアから買い付けてくる商品はリーズナブルなのが嬉しい.

B

本当は壁を漆喰にできたら良かったのだが, 漆喰職人を調達できる予算もなく断念. その部分だけ切り取ると何とかなりそうな金額でも, そういうことが塵積で全体額がとんでもないことになるので, 地道なコスト削減がどうしても必要. 鬼嫁はそれでキッチン仕様が落とされたと今でも喚いているが無視. 確かにキッチン仕様を落とすくらいなら, バイクガレージを見送れよ!と言うのは御尤も. 今のところ, 男の浪漫という言葉ですべてを逃げている.

あとは書斎エリアとしてカウンターを取り付け予定で, カウンター材はコスト重視でPanasonic製の耐水集成材としたのだが, どうにも納得していないモヤモヤ感が消えず, 株式会社マルホンの東京ショールームに足を運んだ.

MARUHON

なんだか見ているだけで楽しくなるショールームで木材好きには垂涎モノではないだろうか. ヘリンボーン張りのフローリングサンプルも見ていて楽しい. 店内を物色していると綺麗な店員さんが対応してくださり, あっという間にカウンター材のサンプルをウォールナット・サペリ・イロコと3種も用意してくれた(取り扱いしている樹種は全8種).

2019-09-16_15-37-10_507

木目や色が微妙に異なり好みの問題にはなるだろうが, 床面との相性を考えればウォールナットがベストかな. 早速, 設計士と建築会社にメール連絡したものの, 既にPanasonicのカウンター材を発注していたらどうしよう…

 

Netflixピンチ

Apple社が発表した動画配信サービスの内容が衝撃的である. 月額4.99ドルという価格とともに, Apple製品を購入したユーザーには1年間無料で視聴可能とするといった内容なのだ. このままでは, 今年値上げしたNetflixは影響をかなり受けると想定されるが, 充実したオリジナルコンテンツを有するNetflixに対して, Appleは未知数(何かしら準備してきているだろうが).

appletv

Amazon Prime Videoはプライム会員ならば無料で視聴できるのが嬉しいものの, 最近はコンテンツの入替や質がイマイチなのでNetflixに加入しているユーザーはほとんど視聴しないのではないだろうか. あと余談だが, Netflixは動画配信の圧縮技術が高いような気がする. 他の動画配信サービスと比較してモバイルストリーミング時に顕著だが, 低ビットレートでの画質が綺麗だし消費データ量が少ないのだ. また, Netflixのオリジナルコンテンツの充実度は現時点で他の追随を許さず, 日本発コンテンツでは8月に配信が開始された“全裸監督”について言えば, とても地上波では流すことができない描写だらけではあるが山田孝之を始めとした実力派キャストと脚本の良さで圧倒的に面白い. 話を戻すとAppleが発表したApple TV+の価格は衝撃的だが, ユーザーを長く繋ぎ止めてiPhone買い替えの囲い込みに貢献するかどうかはコンテンツ次第だろう. 困ったことに今年はテレビを買い替えようとしており, ターゲットとしているSONY KJ-65A9GのテレビリモコンにはHULU・Netflix・YouTubeといったボタンは配置されているものの, Apple TVのボタンは無し. SONYはApple TVに対して“今後対応” とアナウンスしており, 秋モデルで搭載されるだろうか. 現行モデル末期の値下がりを狙うか, Apple TV対応したことを確認して新型を狙うか悩ましいところ.

さて, 今日は楽しみにしていたツーリングが急遽雨天で中止となってしまったため, ネットでバイク情報を見て回り気を紛らわせている. 昔に比べるとバイク動向に関して非常に疎くなっており, 今更ながらこのようなカッコいいR6がリリースされているとは知らなかった.

r6

このオレンジカラーは2020年モデルのものだが, R1と同じこの鋭いフロントフェイスはいつから発売されていたの?!で, 調べてみると2017年モデル(BN6)からこのスタイルになっていたようだ. これはミドルクラスSSの中では最も美しいデザインと思うのだ. 話題のTriumph Daytona765よりも圧倒的にカッコいい. 今から20歳若かったら乗りたかったなぁ… って20年前だったら高価なバイクは買えなかったけど.

不思議なのがスペックで, 118.4ps/14,500rpm, 6.3kg-m/10,500rpmとなっている. これは私が若い頃にレンタルで乗ったことがある2003年モデル(5SL)の120ps/13,500rpm, 6.9kg-m/12,000rpmよりも数値だけ見るとダウンしている. 車重も5SLの182kgから190kgと8kgも重くなっているし. 素人的な推測ではあるがEURO5といった排ガス規制に対応していくためには排気量増が必要となっており, 600ccという非常に限られた排気量制約ではパワーアップの余地は最早残されていないということか. でも1,000ccクラスはまだ進化しているしなぁ…