R18 見てきた

まさか本当に市販するとは思わなかった BMWの大排気量の空冷フラットツイン. 遡ると2016年にコンセプトモデルとして発表されたR5 Hommageで, その姿がお披露目された. そう, R18はナンチャッテアメリカンではなく, 1936年(戦前だ!)に発売されたR5を源流とした真正ドイツ車なのだ.現代のテクノロジーで造るといっても, 企業なのだから採算性を十分に考えるだろうが, 派生モデルも展開し辛いであろう1,802ccの空冷水平対向OHVエンジンの開発にGOサインを出すとは, BMWの経営陣って少しおかしい.

Rear View

写真で見るよりも実際に見る方がボリューム感があって, もの凄くカッコいい. 第一印象はクルーザーなのだが, とにかくボクサーエンジンの主張が半端ではなく, 何者にも似ていない唯一無二の存在という感じ. マフラーの造形にもこだわりを感じるし, この写真のようにリアシートを外した状態が最も似合うかもしれない(リアシートはボルト1本固定だから簡単に着脱可能). このマフラーをあえて社外品に換装する理由は見当たらないのではないか. 確かにハーレー乗りからしたら中途半端な真似っこに見えて何の魅力も感じないだろうし, BMW乗りからしたら駆け抜ける歓びをイメージさせない大味なクルーザーというイメージかもしれないし, BMW旧車好きからしたら最新テクノロジー過ぎて何がオマージュだと思うかもしれないし, つまり誰もが乗りたがるモデルではないだろう. ただ, BMWが採算性を二の次にして敢えてリリースしたのだから, 何かがあると思うし, 乗ると “ああなるほどね” と感じるのではなかろうか. ただし, ハーレー乗りは間違ってもR18は試乗しない方が良いと思う. ボクサーツインの鼓動は, ハーレーのVツインとは大きく異なりジェントルなので, これはイイ!とは絶対にならないのだ. ハーレーの鼓動はあれはアレで唯一無二なのである.

1,802cc Boxer Engine

91馬力, 16,1kg-mというスペックのこのエンジン, ハーレーの1,923ccには負けているが, 実際に走らせた時のトルク感やドライバビリティはBMWが勝っているのはないかと推測する. BMWのマシンはスペックだけでは語れないものを持っているから不思議だ. これはBMW贔屓ということではなく, 実際に様々な車やバイクを乗ってきてそう思うのだ.

Front View

初回入荷分はFirst Editionというらしく, 税込で2,976,500円のプライスタグが付いていた. First Editionではフルードキャップはシリンダーヘッド部分がメッキ化されていたり, タンクやリアフェンダーにストライプがデザインされていたりといった特典があるようだ(ストライプは手塗りらしい). このバイクは一体どのような乗り味なのだろう. そのうち試乗できる機会もあるだろうが, ちょっと楽しみだな.

先日, 友達に誘われて, 予約が取りづらいという中華料理屋でコースをいただいた. 確かに美味しかったのだが, 値段もいい感じだったので, この値段だと美味しくて当たり前だなぁと思ってしまった. 今度, 北陸方面に1泊でツーリングを企画したいと思っているので, コストパフォーマンスの高い店をセレクトして, 紅葉と美味しいもので秋を堪能してやろうかな, と.

千葉アゲイン

千葉の田舎道で速度違反で捕まるという苦い記憶が鮮明に残る中, 再び千葉を訪れることになるとは. 嘆いているのは当初, 千葉を目的地にしていたのではなく, 静岡を中心としたガッツリ走る系ツーリング企画が雨天のため, 急遽方面を変更せざるを得なくなったためである. 千葉県が嫌いな訳でも, 千葉県人が嫌いな訳でもない. 単に千葉県警が嫌いなだけなので, 千葉にゆかりのある方は決して気を悪くしないでいただきたい.

道の駅 富楽里とみやま

常に背後をミラー越しに気にしながら走っているので, 速度も自然とゆっくりとなるし, 間違っても黄色ラインを跨いで追い越しするという行為には及ばない. 休憩やランチをゆっくり取りながら, 大きな目的地もなく走る所謂 “まったり系ツーリング” が結果的には気持ち良かった. なるほど, 千葉県警が推奨していることは, こういうことなのかもしれない. 森田知事, すまなかった.

朝日と夕日の見える岬

断然山派の私も, ランチ後に訪れた岬は房総半島の最南端ということもあり, 海もなかなか良いかもねと思わせてくれるロケーションだった. ちなみにランチでふらっと入った日本料理屋 “みずるめ” さんで食べた なめろう定食は1,000円で味もボリュームも満足だったぞ. このあたりは磯料理のお店がいくつかあるようで, 帰りのアクアライン渋滞に我慢できるなら, 家族で観光がてら立ち寄ることをお勧めしたい.

岬の碑

岩場の上に撮影スポットとしてベンチが置いてあるのは良いとして, 階段が設けられておらず自己責任で岩場を上り下りする必要がある. 悪いことは言わないので, 幼児・老人・ハイヒールは上りたい衝動を抑えて遠くから眺めるに留めた方が良い. このあたりは里見八犬伝の舞台ということらしいが, S氏から里見八犬伝って何?と問われて, 映画の真田広之しか思い浮かばなかった. Google先生に聞いてみると, 江戸後期の長編小説で, 南総里見八犬伝というそうな. ありがたや.

EARTH TREE Cafe

アクアラインに戻る途中では鴨川の EARTH TREE Cafe に寄り, 最後のまったりを満喫. Google Mapが, “6年前に訪問した場所です” が教えてくれた通り, R1150GSでオフロードツーリングで立ち寄ったカフェだと鮮明に記憶している.

6年前の同Cafe

ただ, カフェの外観が少々記憶と違っていて, 一度気づかずに通り過ぎてしまった. 写真でも真っ白な壁と手入れされた庭が, 壁の色はくすんで庭も雑然とした雰囲気になっていた. 走りながらだと一目でカフェだと分かりづらい佇まいになってしまっているので, DIYでも良いから壁を塗り直すのと, 庭は下手に植物を植えない方がスッキリ見えて印象が良いと思う. ドリンクやケーキは美味しいから, 余計なお世話と思いつつもコメントさせていただく.

ブレンドコーヒーとケーキのセット

今回のツーリングでS氏からあるバイク用品を海外から個人輸入する話を持ちかけられ, これがまたWebで見る限りでは秀逸な製品だから, どこかのタイミングで詳細をお伝えできればと思う. お互いバイクガレージにGSをどのように置くかの悩みを抱えており, この製品が解決してくれるのかどうか…

R1250GS 2021

さて, R1250GSの2021年モデルが発表となり, エンジン特性に変更はないものの, 電子制御がアップデートされていたり, ライト類がかっこよくなっていたりと正常進化している. R1250GSはシフトアシストを除いては完璧な造り込みがなされているバイクだから, その最新版である2021年モデルは世界一のバイクに間違いない!

M1000RR登場

BMW Motorradとしては初となるMの名称を冠したモデルが発表となった. BMWにとって“M”という称号は特別な意味があり, 駆け抜ける歓びだけではなくサーキットでも戦える戦闘力を有するモデルと言える. 十分以上のスペックであるS1000Rに更に磨きがかかったM1000RRとは一体どのようなバイクなのであろうか.

BMW M1000RR

エンジンに手が加えられ, 出力は5馬力程度高められており, 14,500回転まで回るモンスターだ. 6,000回転以下ではS1000Rの方がトルクが厚いが, それ以上の回転域ではMモデルが上回る. 馬力においては13,000回転以上でMモデルが上回るといった感じなので, サーキットで前回走行したときに初めて, うわーさすがMだけあって上まで回るな!と体感できるはず. 逆に言えば, 公道で乗っている限りにおいてはその真価を感じることは無いかもしれない. それでもピストンやコンロッドに至る部品変更やチューニング, チタン製マフラー等により, より軽くエンジンが回るはずなので, S1000RRのユーザーであれば, その速さが分かるのかも.

ウイングレット

素人には絶対に引き出すことのできない性能ではあるが, 4気筒エンジンのパキーンと上まで回る特性はライダーの感性を刺激する訳で, 性能は引き出せなくとも気持ち良さを味わうことは誰にでもできる. 家のガレージにコイツが収められていて, たまに息抜きで首都高でも走ったら気持ちイイんだろうなぁ. 免許がいくつあっても足りないから, 結局はストレスが溜まってしまうのかな.

日本勢では既にHONDA CBR1000RR-Rが度肝を抜くスペックで登場しているが, もうすぐ発表されるのではないかと噂されているKawasaki ZX-10RRも凄いことになる模様… 最新のバイクは性能も安全性も一昔前からは信じられない程の進化っぷりが楽しい.