久しぶりのダート

職場で会食があったり, 家族で食事に行ったり. 最近は食事の量を抑えているとは言え, やはり美味しいものを食べているときが一番幸せだな.

2018-09-19_19-34-51_685

Googleで美味しそうな店を探してはMap上に目印のピンを置いている. 行く暇がそんなにある訳ではないから“行ってみたい” ピンが山のようにMapに刺さっている状態. ま, いいか.

2018-09-24_13-16-21_707

久しぶりに701 Enduroでダートに行ってみた. 高速道路での移動は相変わらずの試練なので80km/hくらいでゆったりと巡行. にも関わらずハンドルがブレて振動が止まらない. もしやと思って走行中のフロントタイヤに目をやると明らかに空気圧が低いようだ. 流石に点検してから出発すべきであったが仕方がない, 更にスピードを落として慎重に走る. 中央道は大渋滞していていたのですり抜けするには丁度良いスピード. が, まったく後ろを見ていないミニバンがいきなり停止状態から車線変更してきて, こっちはフルブレーキング&ハンドル切って回避. 停止したとき, おそらくその車と私のバイクの距離は数cmであったと思う. エンデューロなのにABSが付いているって何て素晴らしいバイクなのだろうか.

20180923_123838

ダートは結構荒れていて轍と穴ぼこと水たまりのオンパレードで, 斜面も結構きっつい. それでもダートは久しぶりなので, よっしゃ走ってやろう!って感じになる.

20180923_124151

走っては行き止まりでUターンの連続. 日陰では斜面に苔がビッシリ生えていたりするので何度転倒したことか. 軽い部類と言ってもガソリン入れた状態だとかなりの重量があるから, 起こすのに背中の筋肉をフル活用して結構良い運動になったり.

20180923_130320

ゲートに阻まれることもしばしば. フラットダートだけではなく, 起伏が激しいところも走り易かった!何せタイヤの空気圧が相当に低かったからね.

20180923_131412

ダートを走ったのは1時間半くらいだったと思うが, 知らない道も探索できて非常に満足. やはり私は速く走るというよりも, アドベンチャー的な方が好きなのだと思う. タイヤがもう少しダートよりのものを選択したら藪にも入っていけそう.

20180923_133039

HONDA CRF450Lがとうとうデビューしたが, あれは何気にモタード化したらカッコ良いのではなかろうか. 新車買って, 17インチホイール&タイヤを買い足していろいろといじったらTOTALで200万か… うーん.

20180923_133023

Appleって何なの

スターバックスが米国で150店舗あまりを閉店し合理化を進めている, といったニュースが以前流れていたが, 世界どこに行っても目にする珈琲チェーンとしてのブランドは凄いものがある. スタバの珈琲は単純に美味しいと思うし, 価格設定も日本市場が高いということでもない.

とは言え, どうにも理解し難いのは, 店内見渡すとドリップ珈琲以外を注文している人の多いこと. メニューラインナップ見れば当たり前のこととは言え, あの甘ったるい飲み物たちは最早珈琲とは全く関係が無い存在ではないか. 女性から「スタバ行こうよ」と誘われ, 店内に入ってメニューを眺めていると「アタシ珈琲飲めないんだよね. 何にしようかなー」なんて言われたことも. ここまで来るとスタバは珈琲屋ではなく, 息抜きのアイコンみたいなもので, それって凄いブランド力ではあるよな, と思う. 街中にある老舗の珈琲屋のマスターが焙煎しながら「なにがスタバだ, あいつら珈琲のことなんて何も分かっちゃいねぇ」と嘆いても駆逐されるだけだ.

スタバの店内を観察してみて欲しい. 珈琲目当てでではなく「スタバという空間」で時間を消費することを目的としたボーダーシャツの兄さんが結構多い. ボーダーシャツかどうかは置いといて… 皆, 珈琲に手を取ることなく一生懸命ノートパソコンのキーボードを叩いているけど, 一体何をしているのだろうか. そんな兄さん達のノートパソコンにはAppleロゴが光り輝いている割合が高いと感じるのは私だけだろうか. つまり意識高い系の人たちはApple御用達だという話. 一部, 偏見も入っているかもしれないが, 誰か統計データを持っていたら是非提供して欲しい.

AppleはIT業界におけるトップブランドだ. いや, Appleのデバイスやサービスは人々の生活に浸透しており, 今やIT業界という枠にすら当てはまらない. 昔は倒産寸前の企業であったのに2018年では時価総額世界一であるから, ジョブズの業績は歴史に残るものであり天才だと思う. ブランド力とは「モノ・サービスをより高く売ることができる」こととも言え, 先日発表となったiPhone XS Max 512GBモデルは何と177,984円だそうで, HUAWEI P20 Proが4万円強で購入できることと比較すれば「こんな価格で誰が買うんだよ」と思ってしまう.

iphone

ところが, 車やバイクの購入費用や, 彼女とのデート費用を削ってでもiPhone買い替えにお金を使ってくれるのだ. 先日, 娘のMacBookを修理するために新宿AppleStoreに行ってみたら, 夜8時過ぎだというのに店は大混雑. 若い世代, お年寄り, 外国人… 働いている人も多国籍. 修理受付の待ち時間で観察しているとApple教の信者たちが巡礼しているように見えてくる. 私は天邪鬼なところがあるため, 周りがスタバ好きだからとか, 周りがApple使っているから, ということでワサワサするのは嫌い. ジョブズが復帰した後のApple製品は決して品質が良いものではなく, そこまでワサワサする程一体何が良いのだろうと思っていたりする.

事実, iOSとAndroidを比べて, iPhoneとGalaxyを比べてAppleは凄いと思う点はそう多くはないし, むしろAndroidの軽さや操作性の良さのほうが上回っているとすら感じる. 普段双方のデバイスを使っている私はどちらかの信者になることはなく客観的に評価している. Appleの地図サービスはローンチした直後は糞以下でGoogleMapアプリをStoreから外すといった外道であったが, いまだにGoogleに遠く及ばない. そんな私がコレいい!と思ったのはAppleのAirPodsである.

airpods

普通のBluetoothイヤホンでしょ, と問われればYesなのだがデバイスとして秀逸なのだ. 私は耳の穴が大きめなのかカナル型イヤホンを使う場合, イヤーピースを大き目のものに換装して使うことが多かった. このAirPodsはイヤーピースも無いのに装着感があり, 余程のことが無い限り耳から落ちることがない. この形状を決めるまでにエンジニア達はどれ程の労力をかけたことだろうか!また耳から外すと, 何からしらセンサーが付いているのだろうか, 外されたことを検知して音楽が停止したり, そうあって欲しいよねということが当たり前のように働く.

また, 充電器を兼ねた収納ケースの大きさ・形状がこれまた秀逸で, 中国メーカーのBluetoothイヤホン性能も最近はかなり良いもののケースだけはイマイチということが多い中で, このケースは凄い!と感じた. イヤホンと充電器そのもののバッテリ残量がiPhoneで分かりやすく表示されるのも良い. このあたりは一企業が非オープンで開発していることの極みだな, と.

Appleに対して批判的な書き方もしたが, 私はリドリー・スコット監督によるCMが超有名な初代128k Macintoshからのユーザーであることを述べておく. 先日娘に「Macintoshを修理にもって行く」と言ったら目をパチクリさせていたな.

R1250GS LC 2019

出張谷間となった週末, 久しぶりにモトクロスを体感してきた. といっても灼熱地獄のなか走り回る体力は皆無であったため, 同僚の練習風景を見に行っただけだが. 谷田部はエンジョイスポーツランドがソーラーパネル設置とかの影響で場所が変わってから初めて.

02

なるほど, 以前のコースと比較すると視界もよく走り易そうな気がしなくもない. とはいえ全体的な印象は斜面に無理やりコースを作った感もあり, モトクロス練習場としては依然として狭い. まぁ, 私のようなヘタレには一切関係の無い話だ.

さて, その翌週末は北米へ. 私はアメリカ合衆国はハワイに2度行ったことがあるだけで本土は初めてなのである. 向かうはコロラド州デンバーという都市で, テキサス州ダラスフォートワースでトランジット. 10数時間のフライトって修行に近くて全く体が休まらない!しかも時差があるから日本で寝る時間帯からまた一日が始まるという1粒で2度美味しいみたいな. な訳ねーし.

01

ダラス空港での乗り換えにはそれなりに時間があったはずなのに, セキュリティチェックが厳しい割に効率的な仕組みでもないため結構ギリギリになってしまった. こんな大型犬が匂いを嗅いできて, ちょっとでも怪しいよという人から離れない様子を見るとちょっと怖い.

アメリカという国を空から眺め, 地上をUberで走ると本当にフラットで, 日本では味わえないような“地平線”というものが存在する. ハーレーダビッドソンという乗り物はこういう国だから生まれたのだろうな, と妙に納得してしまう.

ハーレーのエンジンも乗り味もある意味“大味”だが, 同じように食事もどこへ行っても大味だ. 現地のビジネスパートナーが気を使って「今日アレを食べにいこう」と誘ってくれるその「名店」がもう苦笑…

03

確かに地元民で行列を作っていて, さぞかし美味しいのだろうと期待してしまうが, デンバーにおけるGoogleMapで確認できる各店のユーザー評価は相当に甘い. メキシコ料理屋では店内でハエが飛び交うなか, アホみたいに大きく大味なブリトーに挑戦するも半分消化したところで断念. 田舎都市で期待してはいけないのは理解しつつも, 美味しいのはステーキ肉だけだった.

04

数時間自由な時間を作ることができたため, 野球場を見に行ったりお洒落な駅を見に行ったり. 駅舎内がバーのようになっていてコレは良かった.

05

その翌週末に行った台湾では, 真逆で御飯が美味しすぎる!何を食べても美味しいから太るのを警戒して炒飯類には一切手を出さず, ひたすら野菜炒めと焼売・餃子・小籠包. 前回の出張でふらっと入り気に入った裏路地のバーに今回も訪れて, カバラン(KAVALAN)を堪能.

06

カバランとは台湾のウィスキーで, とても美味しい. ただ結構いい値段するんだよね… 日本に買って帰ったのは良いが, 毎晩飲んであっという間に無くなってしまった. さて, 怒涛のような出張もおしまいで当面はドメスティックに行こうと思う.

今, 最も関心があることといえばYouTubeにアップされた BMW R1250GS 2019 である. 外観は変わらない一方でエンジンは低速/高速でカムが切り替わる機構を持ち, スムーズかつ高燃費だとか. 2018年モデルまでのマフラーとは互換性がないのかな… 今使っているAkrapovicのマフラーを乗せ換えることができないとなると辛い.

R1250GS