Jaguar Design Centre

今シーズンは暖冬だそうで, スキー場や農作物に影響が出ている模様. 生活する上で暖かいことは嬉しい限りではあるが, それは都市部の話であって, 雪が降ることが日常の地域にとっては困りごと. 例年と異なるにしても“ほどほど”が良いということ.

今日の東京は暖かいを通り越して日中は暑いと感じるくらい. 息子が部屋に敷くラグが欲しいというので, ニトリまで物色しに行ったのだがコレというものが見つからず, クラスティーナというインテリアショップまで散歩しながら移動して, 良い商品を見つけることができた. このショップではセールもやっていて, デザインの良いチェストが数万円で売っており, 物によってはニトリよりも価格・品質がイイかも. 私は家に家具を必要最低限しか置かない主義なので, いっさい購入する気にはならないのだが. 先月断捨離してからは, 家の中に物をとにかく置きたくないということで, 書籍・雑誌もすべて捨てて必要なものはKindleで管理. CD/DVD/Blue-rayもクラウド上に移行. 昔はモノを持つことで満足感を得ていたところもあるが, 年齢とともに変化しているところもあるし, クラウド技術が実現してくれている面もある. 今の若い世代はモノに執着しておらず, コトに投資している気がするのだが, 一言でいえば“スマート”だなと思う.

散歩の途中でブルーボトルコーヒーに寄って, 私はエスプレッソ・鬼嫁はカフェラテとクッキーを注文. 店内のスペースに対して椅子の数が非常に少なく, こんな非効率な店舗構造で売上は大丈夫なのだろうかと心配になってしまう. ブルーボトルはネスレ傘下となり, そもそも日本での業績はどうなっているのか興味はある. 順調に店舗数は伸びているようではあるが, 客の入り方を見る限りではスターバックスのライバルというポジションには程遠いと言える. 前述の通り店舗構造からして儲けるつもりがどこまであるのか不明.

IMG_1260

ブルーボトルが描かれた様々なグッズも取り扱ってるようで, 展示の仕方も含めてまぁ可もなく不可もなく. スタバと比較するとブランド力はここ日本においてこれからだから頑張って欲しい. ま, 私は意識高い系とは真逆の人間なので, コメダ珈琲が一番くつろげると今でも思っているけどね!(コンセントあるし)

IMG_1261

先ほどのクラスティーナインターファニチャーというショップがあるエリアには初めて来たのだが, 周辺は異常な光景が広がっていた. レクサス・プジョー・メルセデス・ボルボ・マセラティ・ランボルギーニ・ホンダの各ディーラーが隣同士でひしめき合っているのだ. 幹線通り沿いにディーラーが並んでいる光景は珍しくはないが, この数はちょっと異常なのでは. まるで住宅展示場みたいだけど, 家と違って車はある程度お目当てのメーカーと車種が決まっているので, ディーラーを渡り歩くということはあまり無いと思うのだが… 何か肩を寄せ合って営業することでディーラーにとって好都合がことがあるのかもしれないな.

私が今回車を選ぶにあたり, 候補として考えたブランドに, ジャガー・ランドローバーがある. これまで興味を持ったことのないブランドに対して何故?と自分でも思ってしまう.

ランドローバーブランドについては, イヴォークというコンパクトSUVならば駐車場に置くことができるかも, と考えて調べるうちにエクステリア・インテリアデザインや悪路走破性に惹かれたから. 年式が古ければ200万程度から購入可能ではあるので, このデザインが気に入ったひとは買いだろう. 踏み留まったのはニーズがあるため年式・車両状態の割に中古車価格が高いこと, 全長は4.4mを切るコンパクトさなのに全幅が1.9mを超えるというビッグサイズであることから結局諦めた.

LANDROVER

ジャガーはここ最近のデザインが個人的に好きで気になっていたブランドではあった. 英国の高級外車というイメージもあり庶民が手を出せるような代物ではないと思っていたが, 調べてみるとXEあたりであれば高年式・低走行車が比較的安価に買えることが分かった. ネットで様々なインプレッション記事を読んでも性能はそれなりに良いようで, ネガティブな印象は受けず. 中には, XE S SuperchargedというV6 3.0L スーパーチャージャー/340馬力のモンスターモデルもあり, 実車を見てもドイツ車にはないインテリアの美しさがあり, ジャガーの英国デザインがもっと日本市場で評価されても良いのに… と感じる. 私の場合は最後まで迷ったが, 最終的にはやはり 全長:4,690mm × 全幅:1,850mmというサイズで見送った. 普通の大きさの駐車場をお持ちの方であれば, 候補車として検討してみてはいかがだろうか.

jaguar_xe

ジャガー・ランドローバーは2008年から印度・タタモーターズ傘下であるが, 昨年秋に600億も投資して英国内にデザインセンターを開設. このような素敵な環境で働くことができるデザイナーは幸せだね. ロケーションはだいぶ田舎のようだけど.

jdc_2

ポルシェデザインのように工業製品全般をデザインするスタジオとして独立するというのはどうだろうか. ジャガー・デザインとトライアンフがコラボレーションして, 上品なクルーザーバlイクをリリースする, なんていうのも想像しただけで胸躍るではないか.

jdc_1

Dynamic Mode

今日は知り合いの税理士と打ち合わせするために高速道路に乗って, R1250GSで遠征してきた. 市街地・高速道路・渋滞時のすり抜け等, 様々なシーンでGSの乗り易さを改めて認識した. 1250になりエンジン特性がかなり進化したことで, 低圧から分厚いトルクと滑らかな回転で, 意のままに加速していくことができる.

特にライディングモードのうち “Dynamic” の制御が秀逸で, デフォルトの設定としたも良いくらい. 1200 LCの時は“Road”と“Dynamic”の味付けがかなり異なっており, Dynamicでは分かり易いくらいにレスポンスとパワー感が向上する. ワインディングに入り, 気分もイケイケで攻める時には非常に良いのだが, 街中で乗るにはギクシャクして疲れてしまうのだ. ところが1250ではパワー感は確かに上がっているのに, アクセルに対するレスポンスやエンジンの回り方がスムーズでターボ過給しているような制御から排気量が増したような印象を受ける. そのため市街地をDyamicモードで走行しても疲れるどころか, ここぞという時の加速で効果を発揮し速く・安全にライディングすることが可能. 1200 LCで熟成されたと感じたGSが, 更に進化していくことが驚きしかない. 日本メーカーとしてはYAMAHAがスーパーテネレ1200に投資する様子が伺えないため, HONDA CRF1100L Africa Twinが唯一勝負になる車種だと思う. 1100ccモデルとなったタイミングで相当ブラッシュアップされており, 今後も期待を持てる車種であることは間違いないが, 1000ccモデルに以前試乗した時には, GSとの差はあらゆる面で感じてしまったことも確か. 性能面で言えばReady to RACEのKTMからリリースされている1290 Adventure Rはオフロード走行でGSを蹴散らすことは間違いない. これがオンロードであったり長距離ツーリング含めたトータルでもGSを上回るのか, やはりKTMはオフロードキングなのか, このあたりの評価はバイクに何を求めるのかでも分かれる気がする. それくらいKTMの性能は高い.

ま, 私は今後もGSに乗り続けることだろう.

そういえば, 先日 GSのディスプレイにFOBキーの電池が弱っているよ, というメッセージが表示された. まだ乗り始めてから1年も経っていないのに, いくらなんでも早すぎるだろうと思いGoogle先生に聞いてみると, それなりに電池消費は早いみたい.

key

たまたまボタン電池の余りが自宅にあったので, キーを無理やりこじ開けて無事に交換完了. リモコンもUSB充電式になると便利かな.

MOTY 2019

編集長が変わってから全く読んでいなかったバイク雑誌 MOTO NAVI. 久しぶりに Motorcycle of the year の特集が組まれていたので, Kindleで購入してみた.

motonavi

誌面の見せ方には少し工夫してきているものの, 基本的にはこれまでとは変わらず辛口トークのテスターによるガチンコ評価が楽しめる内容となっていた. 各メーカーから車両借りていても, 場合によってはこき下ろすストレートさがMOTYの良さ. 残念であったのは, 提供された車両の個別不具合と想定される事象により評価がグンと下がってしまうケースがあること. 本当に個別問題であるならば, メーカー側は貸し出すうえで万全の整備をして欲しいと思う. そういう面で, 今回のオンロード部門でBMW S1000RRが最下位に沈んだことは驚いた. これはテスターの1人である辻本聡氏がスロットルと足回りの違和感を訴え, 評価自体を見送ったことが大きいとは言え, 他のテスターも違和感を感じていたようなので, BMW Japanの広報部は再発防止すべきではないだろうか. テスト環境がショートサーキットで不利とは言え, 新型S1000RRの実力がこのような形で評価されるのは不本意極まりないであろう.

S1000RR

オンロード部門で意外であったのが, Aprilia RSV4 1100 FACTORYが大健闘していたこと. テスター評価を読むと素晴らしい出来栄えのようで, Apriliaというメーカーは日本でもう少し評価されるべきなのだろうにと思ってしまう. 車で言えばジャガーかな. 消費者目線としては出来のよいモデルが中古で安価に流通しているので, 欲しい人にとっては有難いかも(手放すときは二束三文ということになるが).

さて, アドベンチャー部門ではBMWが明暗を分けた. R1250GS Adventureは安定トップの一方で, 何とF850GS Adventureが最下位となったのは意外. 乗りやすいがBMWとしてのプラスアルファが欲しいという点と, 燃料タンク含めてFモデルとしては大きすぎるという評価. 確かに低身長・短足の私でも, 同じアドベンチャーモデルでもRには乗れる気がするけど, Fはちょっと無理だろうと感じてしまう. Rはボクサーエンジンで低重心のため, 車体が大きくても引き起こしや取り回しにあまり苦労しないという利点がある. 実際にサイズとしてもFアドベンチャーは巨大で, 全長はRよりも長く, シート高もRよりかなり高い. 重量はFの方が20kg軽いが, 重心の関係でRの方が一般ライダーには扱い易いということだ.

F850GS

また, 今回は評価対象モデルが豪華であったこともツイてなかったかもしれない. CRF 1100L AfricaTwin, KTM 790 Adventure R, Motoguzzi V85TT 等… どれも素晴らしいアドベンチャー・エンデューロモデルではないか!

それにしても, 絶対的な価格が上昇しているとは言え, 世の中にはオンもオフも素晴らしいモデルが乱立し, 何とも凄い時代だな. 後は私が爺さんになった頃に電動モデルが成熟し, 同じような感慨にふけるのであろうか. それとも, 電動化の発展はそこまでスピード感が出ないであろうか.