M1000RR登場

BMW Motorradとしては初となるMの名称を冠したモデルが発表となった. BMWにとって“M”という称号は特別な意味があり, 駆け抜ける歓びだけではなくサーキットでも戦える戦闘力を有するモデルと言える. 十分以上のスペックであるS1000Rに更に磨きがかかったM1000RRとは一体どのようなバイクなのであろうか.

BMW M1000RR

エンジンに手が加えられ, 出力は5馬力程度高められており, 14,500回転まで回るモンスターだ. 6,000回転以下ではS1000Rの方がトルクが厚いが, それ以上の回転域ではMモデルが上回る. 馬力においては13,000回転以上でMモデルが上回るといった感じなので, サーキットで前回走行したときに初めて, うわーさすがMだけあって上まで回るな!と体感できるはず. 逆に言えば, 公道で乗っている限りにおいてはその真価を感じることは無いかもしれない. それでもピストンやコンロッドに至る部品変更やチューニング, チタン製マフラー等により, より軽くエンジンが回るはずなので, S1000RRのユーザーであれば, その速さが分かるのかも.

ウイングレット

素人には絶対に引き出すことのできない性能ではあるが, 4気筒エンジンのパキーンと上まで回る特性はライダーの感性を刺激する訳で, 性能は引き出せなくとも気持ち良さを味わうことは誰にでもできる. 家のガレージにコイツが収められていて, たまに息抜きで首都高でも走ったら気持ちイイんだろうなぁ. 免許がいくつあっても足りないから, 結局はストレスが溜まってしまうのかな.

日本勢では既にHONDA CBR1000RR-Rが度肝を抜くスペックで登場しているが, もうすぐ発表されるのではないかと噂されているKawasaki ZX-10RRも凄いことになる模様… 最新のバイクは性能も安全性も一昔前からは信じられない程の進化っぷりが楽しい.

より豚らしく

テレワークが当たり前の世の中になっていても, 私は自宅で仕事すると効率が上がらないので基本的には出勤している. それでもオンライン会議のお陰で, スマホさえあれば何時でも何処でも会議ができるのは非常に効率的. 効率的というか, 自由度が上がったと思う.

日比谷公園

先日は, 客先に行く前に講演に立ち寄り, 木陰でリフレッシュしながら会議. 夏季休暇中も会議が結構入って, 嫁とスーパーで買物しながら会議とかスーパー銭湯で会議とか. 最近はスーパー銭湯というか岩盤浴的なものにハマっていて, コロナはちょっと怖いのだけど, その分空いているから快適に過ごすことができるのが良い. 今日はR1250GSに乗って, お台場にある大江戸温泉物語という大き目の施設に初めて行ってみた.

大江戸温泉物語

ネットで見ると東京都民は半額キャンペーンをやっているとかで, 高めの利用料も半額ならまぁ良いかな, と. 個人的には施設内の構造や, 駄菓子とかクレープとかの食い物屋や, 工夫の無い温泉や, 客層が全然好きになれず, おそらく再訪することは無いだろう. 本当に落ち着かない施設だったのでさっさと引き上げて, 久しぶりにBMW Tokyo Bayに寄ってきた.

S1000XR

バイクエリアは以前よりも展示の仕方が洗練されている感じで, 見て回っても楽しい. ちょっとしたカフェ&雑誌コーナーを設けて, ディスプレイにGSトロフィーの映像を流すとか, もうひと工夫あるとライダーたちが集まる場所としてブラッシュアップできるのではないだろうか.

今回展示されていたNew S1000XRはスリムな車体にハイパワー四気筒エンジンが搭載され, 高速から峠まで幅広く楽しめそうなモデルだ. しかし価格が226万って… ちょっと買ってみようという値段じゃあないね.

F40 M135i

屋外には最新のF40 M135iが鎮座しており, 私の F20 M135i 前期型 が魚のようなツラでしょっぼいのに比べて威圧感というかボリューム感があって, 見た目には1シリーズという佇まいではない. インテリアはさすが最新モデル!といったデジタルな雰囲気で, そのまま私の車にも移植したい!と思わせる. 最近の車は電脳化が進んでいるので, デジタル面では最新モデルは魅力的だ. メカニカル面では最新型は2リッター・4気筒にダウンサイジングされ, 駆動方式もFFベースの4輪駆動と大きく変更されてしまったため, これが良いかどうかは個人の好みによるところが大きい. 少なくとも私は3リッター・6気筒・後輪駆動に魅力を感じてF20を選択したので, 正直最新モデルには興味は無い. それにしても, 最新モデルたちのキドニーグリルがどんどん大型化されており, これまた個人の好みによって印象がだいぶ違うことだろう. 個人的には控えめな方が好きなのだが, F40のソレはまだ巨大とは言えないので, 慣れてくると許容範囲ではある.

7Series

ところが, この7シリーズはいったいどういうことなのだろう. この豚っ鼻は, 単なる豚じゃあないか. この鼻がスリットになっていて, その奥にはインタークーラーが設置されているなら機能的にも良さそうだけど. 実際には豚っ鼻には穴があいてないから, 単なる飾りなんだよな. キドニーグリルの巨大化について独BMWは「市場からの反応は非常に良い」なんて言っているけど, 次期総理には石破さんが国民の一番人気なんて言い張ってた一部マスコミと同じじゃないのかね.

X4 M

ま, 巨大化もモデルと大きさによっては悪くないとも思える. この X4 M はグリルの形状や大きさがモデルサイズとマッチしているから,豚がクシャミ寸前で鼻の穴が大きくなっているだけでしょ, と素直に受け止めることができる. とは言え, ここ最近ではメルセデスベンツのデザインが秀逸と思うので, BMWが販売台数でメルセデスに追いつくのは益々難しくなったことだろう.

R1250GS

そろそろ酷暑とスコールも終わりかな. 早く涼しくなってくれないとツーリングに行く気もしないよ.