SONY TIMER 発動!

EICMA 2019 が開幕, 私の中ではこのバイクがイチ押し! DUCATI Scrambler DesertX Conceptというスクランブラーベースのアドベンチャーモデルだ. レトロなようでいて未来的なデザインは一目でCAGIVA Elefant750/900のオマージュだと理解した. あのラッキーストライクカラーのパリダカモデルを彷彿とさせるこのコンセプトモデルが発売されたらグラっと来るだろうね.

やはりデザインはBMWよりもDUCATIがイケてると思う. BMWの新型モデルであるF900XRなんて酷いデザインだよ. R1250GSよりもMultistrada1260Sの方が断然グラマラスだし, 最近のBMWのデザインはあまり好きになれないんだよなぁ…

酷いと言えば先日, 自宅でSONY TIMERが例外なく発動した. 私はウォークマン時代からAV機器はSONY製を選択し, 現在も家にあるのはSONY製オンリー. ゲーム機のPlaystationも初代~4まで所有していたし, パソコンのVAIOも何台所有していたか覚えていないくらいのフリークである. しかし敢えて言おう, SONY製品は壊れる!SONY TIMERは都市伝説ではなく確実に埋め込まれている爆弾なのだ.

KJ65A9G

先月SONY製の有機ELテレビを購入し, クッキリとした黒と4Kの精細な映像を堪能していたのも束の間, 画面には変な縦線が映り再起動しようが設定を弄ろうが全く消える気配もなく. 仕方無いので購入店に連絡してSONY保守員に自宅まで来てもらったところパネル故障という判断. 相変わらずのSONY製品と言いたいところだが, パネルは韓国製だし詳細な故障部品が特定できないと糞SONYと叫ぶのも憚れるが, 製品として出荷している以上は責任があるからね. 結局, 新品に交換してもらえたので文句は無いが, 交換したテレビがまたTIMER発動しないとも限らないし, もう安心して眠ることができない状況を私は寧ろ楽しんでいるのではないだろうかと自虐的に妄想してしまうくらい. 何だかんだで購入したSONYの有機ELテレビは画像処理エンジン性能によるものか, 解像度が低い地上波チャネルですら綺麗でBS4K/AmazonPrime4Kともなると感動するレベル. 頑張れSONY!

1F

自宅の新築工事もだいぶ進捗しており, 寝室にはテレビ埋め込み用に壁には凹みと電源・同軸・LANの工事がなされていた. ここにもSONY製の液晶テレビを取り付けてルームリンクで他フロアの機器と接続しようかな, と. 私の性格からして, 布団から出なくなるだろうな…

壁紙の施工も進んでいて, まだ未施工の壁には石材を貼り付けていく予定. 職人って凄いよな, プロだなと思ってしまう. 手に職があるって素晴らしい. 私は不器用だし, 何の取り柄も無いから職人であったり料理人や美容師は尊敬してしまう. もう外科医とか神だね.

2F

軽井沢 × R1250GS

広島出張が立て込んでおり, 打ち合わせしては食べて呑んでの繰り返し. 広島と言えば牡蠣やアナゴ飯, お好み焼きが有名ではあるが, 汁なし担々麵も代表的なソウルフードらしい. 街中には彼方此方に汁なし担々麵屋があって, しかもその値段が安いのが嬉しい.

2019-10-25_12-38-03_397

確かに美味しい. ただ, 麺はちょっと自分の好みではないかなという点と, 汁有りの担々麵や台湾風まぜそばと比べて, これじゃなきゃ感が不足気味かな… ということで★3.5

11月に入り昼夜の寒暖差も激しくなり, めっきり秋らしくなってきた. 東京ビッグサイトで東京モーターショーが開催されている中, 寝具を調達しにビッグサイト横にある大塚家具まで出掛けたら, 休日にも関わらず電車が物凄い混雑で大変な目にあった. 東京モーターショーは衰退の一途を辿っており, これは米国や欧州でも同様の傾向のようで, 危機感を持っている豊田自工会会長は今回のモーターショー開催にあたっては展示方法をテコ入した. 単に販売中や販売間近のモデルを展示するのではなく, 将来的なモビリティの可能性を示す取り組みであったと理解しているが, テコ入れが奏功したのか来場者は130万人と大幅に回復. 出展メーカー数が激減している中で, これは凄いことだと思うよ.

2019-11-02_11-27-20_661

大塚家具が入っているビルには何とヤマハのYZR-M1が展示されているではないか(何気にその奥にはスバルインプレッサが). MotoGP会場で展示されていれば大人気であっただろうに, 単なるテナントビル内では誰も見向きもせず. まるでH・R・ギーガーがデザインしたような, ヌメっとしたスタイルが何とも言えないじゃないか.

20191104_113446

さて, 3連休最終日は快晴となり, 紅葉を期待して軽井沢まで出掛けてきた. 青梅から出発し, 軽井沢までは高速道路を使わず全てワインディングという体育会系ツーリングを敢行. この季節なので枯れ葉に注意しなければならないし, 台風影響もあって道が抉られている箇所もあるから, いつもより神経を使わねばならなかった. R1250GSのエンジンは相変わらず快適で, Akrapovicを装着してからというものエンブレ時の排気音も愉しめるようになった.

20191104_113721

さすがに軽井沢まで来ると紅葉が素晴らしく, 星野リゾートが洒落た展示をしているものだから, 何ともまぁ寛げる空間を演出している. 寛げないのは人の多さで, 軽井沢だけに訪れている人が皆 意識高い系な感じで, 人の多さも相まって此処は寧ろ東京か!と思ってしまう. 40分程度も待ってありついたランチはそこそこの値段ではあるが, 美味しかったので文句は言うまい. 星野リゾートはうまいことやってるなぁ.

20191104_122719

帰路は清里を抜けて中央高速ルートを選択することとなり, 途中で牧場に寄ってソフトクリームをいただいた. 流石に秋の3連休ともなると何処も混雑していて, 高速道路も大渋滞. ドライバーもイライラしているし, 普段ハンドルを握らない人が運転していることもあるから事故には気を付けないとね. 年内にもう一回ツーリングに行きたいけど, 引越しもあるから難しいかなぁ…

20191104_141002

バイクは危険な乗り物?

昔からオートバイは危ないと言われ, オートバイに乗る輩は不良の一種とまで思っている年配の方もいる. 不良って何?マッドマックスの世界?

危ないかどうかで言えば, 間違いなく危険な乗り物である. 車があれだけ衝突安全性の向上に努めてきているのに, バイクの世界で衝突安全性という言葉すらほとんど聞いたことがない. HONDAの新型ゴールドウィングでエアバッグを搭載しているくらいか. 無防備な状態で運転している訳だから, 自損事故でも, 突っ込まれてもタダでは済まない. しかし, 運転技術を向上させ, セーフティデバイスが装備されたバイクを選択することで, 少なくとも自損事故のリスクは低減できるはずだ.

運転技術は残念ながら転倒したり, ヒヤっとする経験を通して向上する面もある. 後は転倒する経験を公道で得るのか, クローズドな場所で得るのかであり, 可能な限りスクール等に通いクローズドなコースで安心して転倒できる環境が良い. 公道で転倒した場合, ガードレールや対向車・後続車と衝突するリスクがある.

中型免許を取得したらすぐに公道を走りたくなるだろうが, しばらくはHONDA等のメーカー・教習所が主催しているスクールで基礎技術を磨いた方が圧倒的にリスクは低くなるだろう. また, むしろ若者よりも反射神経が衰えているリターンライダーの方が受講すべきかもしれないが. クローズドなコースと言う点ではオフロードがお勧めかもしれない. オフロードの低μ路を走ることは運転技術向上には寄与すると思うし, 最近はモトクロスコースも手ぶらで訪れてバイクや装備を一式レンタル可能なところもある. モトクロスの場合, バイクの排気量は100cc.もあれば十分に楽しめるし, 練習になるのだ. むしろ100ccクラスのモトクロスバイクを自在に操れる人なんてそんなに居ないと思う.

排気量の選択は難しく, 今は教習所で比較的簡単に大型免許が取得可能なので, バイクに乗り始めてから年数が経っていないのに, ゴールドウィングを運転することも可能だ. しかし250cc.クラスと1,000cc.超クラスではトルクが全然違うので, 不用意にアクセル回すとすっ飛んで行ってしまう. バイクで意図しない加速モードに入ると, 人間は仰反った時にバイクにしがみつこうとしてアクセルから手を離すことが出来ない習性があるから, 一旦こうなると転倒するか衝突するまで停止できない.

まずは低排気量で腕を磨きつつ, 大型に乗る場合, 最初は旧車は避けた方が良いと個人的には思う. 最近の大型バイクはインジェクション・ABS・トラクションコントロール等が装備されていることは当たり前になってきており, ソウトウェア面の制御も高度化しているためハイパワーのバイクでも驚く程扱い易い. それでも過信は禁物だし, 大型の場合は重量そのものに慣れが必要だから, 初心者がいきなりゴールドウィングやら大型ツアラーに乗るのは止めた方が良いと思う. 後は絶対に立ちゴケや転倒するから, 最初から新車は後悔するだけじゃないかな. 私も経験を振り返り, 自身の反省も込めての呟きである.