一人旅 × R1250GS

春のような暖かさ.
このまま本当に春になってしまうのではないかと思ってしまう.

来週は暖冬に乗じて, 職場のマネージャ達と芝刈りに行く約束をしているので, 久しぶりに打ちっぱなしで練習することにした. 以前目に留まった打ちっぱなし場に初めて行ってみると, 何と3フロアもある大規模な施設だった. にも関わらず10分以上待たなければならない混雑ぶり. しかも女性が非常に多く, なんだか良くわからないアウェー感を得てしまった.

DSC_0034

受付でシステムの説明を受けると, 打球数課金ではなく時間課金の打ち放題とのことなので, たくさん打たないと損した気分になるではないか. 食べ放題だと体重増加を気にして元を取るモチベーションは湧かないが, ゴルフの打ち放題ならば筋トレにもなるから, よっしゃやるかという気持ちにもなる. 実際は老体でそんな球数を消費できるものではないのだが.

DSC_0035

各打席にはトップトレーサーレンジという設備が備わっており, これは中々面白いと思った. 打球を画面上でシミュレーションでき, 飛距離や打ち出し角度, 曲がり具合等はそれなりに正確. レーダーなのかカメラなのか, どのような仕組みで打球を計測しているのかは分からないけど.
ドラコン・ニアピン・疑似ラウンド等のメニューが用意されており, 疑似ラウンドで遊んでいるとあっという間に1時間経ってしまう. 練習になっているかは微妙とは言え, 気分転換にもなるし, 何よりも打っていて楽しい.

さて, 昨日は息子の友達が何人も泊まりに来るというので, 狭い我が家で私の居場所はあろうはずもなく, 一人旅に出掛けることした. いきなり一人で出掛けることになっても, どこに行くべきか悩んでしまい, 山方面は路面凍結等で危険かもしれないので, とりあえず海方面と決めた. 高速道路で長旅してもお金がかかるし, ある程度の近場ということで無難な伊豆へ.

ところが小田原から海岸線を南下したところ, もう大渋滞で大変なことに. 自宅から休みなく運転したので, 宿に着いた頃には疲労困憊. それでも普段のツーリングよりも疲労度が激しいため何故だろうと振り返ると, 打ちっぱなしが原因だった. 出掛ける直前に1時間に渡りボールを打ちまくっていたので, 広背筋あたりが悲鳴を上げている…

チェックインを済ますと18:00を過ぎており, 昼食も取ってしなかったので, とにかく何か食事でもしようとホテルを出て周囲を見渡すと何も無い!何という場所の宿を取ってしまったのかと後悔し, 仕方がないのでホテル内のレストランで食事しようと散策すると, あり得ない金額の店だらけ. こうなったら夕食も抜いてその分マッサージに使おうと値段表を見ると, 60分で税込み11,000円!って普通の店の倍じゃないか. ということで, 風呂に入り, ビール2缶飲んで, 21:00過ぎには眠りについてしまった. 疲れていたし.

DSC_0029

ふと目が覚めると, 6:00過ぎていたので9時間位爆睡していたことになる. うーん, 健康的なんだけど背中が痛くてたまらん. 東伊豆だから浜辺に出ると朝日が非常に綺麗… でも, おっさんが浜辺で佇んで朝日を独り眺めている姿って, 冷静に考えるとキモ!って思ってしまった. 海じゃなくて, 山で独りキャンプにすれば良かったかな.

DSC_0032

前日は2食分何も口にしていなかったので, 朝のバイキングはかなりの量を平らげた. 味の方は可もなく不可もなく. でも, ポトフ的なスープはかなり美味かったな. レストランの窓際の席で, おっさんが朝日を眺めながら独り朝食を食べている姿って… 隣のテーブルに座っていた女性はどう見ていただろうか.

DSC_0033

食事が済んだら早々にチェックアウト. どこかに足を延ばそうかとも考えたが, イマイチ目的意識を持たずに家を出てきてしまったので, 遠征する気分にもなれず帰路についた. 国道414号で天城越えをして, 伊豆縦貫自動車道を経由して新東名へ. ジェントルでパワーもあり, R1250GSは最高のツアラーだな. ガンダムみたいな造形と, 野暮ったいカラーリングを除いては何の不満もない.

CBR650R

カラーリングと言えば, HONDA CBR650Rの最新イヤーモデルはカラーリングが素敵. このブルー・グレー的なカラーとオレンジの配色が私好み. 実はアクシスZも濃いブルー・グレーのカラーリングなので, リアサスのスプリングをオレンジのものに換装してみたいと思っていたところ. この配色でニューバランスからスニーカー発売してくれたら買うのに.

 

納車

雨模様の中, 車を引き取りに中古車ディーラーまで出掛けてきた. 納車にあたり営業マンから一通り車の説明を受けたが, 前車である525i  Touring(E61)と基本的な操作は同じ. ただし今回購入したM135i(F20)とは世代が異なるため, 細かいところでブラッシュアップされている.

IMG_1285

以前は非常に使いづらいと感じたiDriveについては, 画面解像度や操作時のレスポンスが向上し進化を最も感じる装備であった. E61ではBluetoothのバージョンが古いからかスマホとうまく接続ができなかった事象も, F20ではスムーズにiPhone8と接続できた. 最悪なのはオーディオの音質で, 過去所有していたマツダ・ロードスターではBOSE製, スバル・レガシィではMcIntosh製のアンプが搭載されていたため不満に感じたことは一切無かったのに, BMWになってから質が低下するという状況に. SonicPLUSという車種専用設計のスピーカーがネットで評判良さそうなので, いつか換装してみたいと思う. ノーマルはそれくらい耐えられない音質.

IMG_1287

全体的なインテリアの質感は所詮は1シリーズと言ったところで, デザインで何とか誤魔化そうとしている印象を受ける. このあたりはアウディの方が1枚も2枚も上手ではないだろうか. シートはアルカンターラ素材を使っており, 座り心地も含めて文句無し. ちなみにシフトノブの右側に設置されている上下スイッチは, 走行モードを切り替えるためのもの.

IMG_1286

このあたりの世代はアナログメーターが主流であり, シンプルで見易いため不満は無い. ナビと連動して曲がるポイント等が中央部に表示されるため, 視線変化なく運転に集中できる… と言いたいところだが, 最近の車はフルデジタルで地図までメーター部に表示されるので, 最新のものと比較すればあくまでも補助的な位置づけではある. その他機構としてはパドルシフトが搭載されており, ATでもスポーティな運転が期待できそう.

IMG_1289

ディーラーの帰り道にNAPSに寄って買い物をしたくらいなので, 今日はたいして走っていないが, まずはファーストインプレッション.

  • F20前期モデルのエクステリアは, お世辞にもカッコいいとは言えない. まぁ, 最新のF40も豚鼻が大きくなり過ぎてどうなのよ, って感じだが. エクスエリアは正直, メルセデスA45・アウディS3・フォルクスワーゲンGolf Rの方が誰が見ても精悍だろう. それでも購入したM135iはリップスポイラーやサイドスポイラーもどきが, 少しだけ引き締まった印象を与えている… かもしれない. ちなみに中古車だけあって, 傷は結構あるけど安かったから気にしないぜ!
  • タイヤはフロントが225/40R18, リアが245/35R18というこのクラスにしては極太. ランフラットではなくなったため, 乗り心地と経済性が改善されているのは素人にも分かる. また, M135iに装備されるアダプティブMサスペンションは街中でもしなやかで非常に満足度が高い. ハンドリングはある程度イメージはしていたものの, 実車に乗ってみてハンドリング・足回りには感動した.
  • 最小回転半径が5.1mで小回りが効くのが1シリーズのメリット. 自宅前の道が非常に狭いので1シリーズを選択して本当に良かった, というか血迷ってイヴォークとか購入してたら車幅1.9mにやられて駐車場に入れることができなかった可能性大. 都心を走ってもまったく苦にならないコンパクトさは, 運転していてストレスが溜まりにくいだろう. その分, 後部座席や荷物スペースを犠牲にしているため, 結局は何を求めるかによる訳だが.
  • 直列6気筒DOHCターボエンジンは320ps/5,800rpm, 45.9kgm/1,300~4,500rpmというパワーも, 走行モードをエコやコンフォートに設定しておけば穏やか. 街中を乗る分にはECO  PROモードでも十分で, Comfortでもアクセルを踏み込めば6気筒の咆哮とともに鋭い加速をみせる. 一方 SPORTモードは, 車の特性が激変する. これが本来のM135iなのかもしれないが, ちょっと暴力的過ぎて危険な香りがする. カタログ上では 0~100km/h 加速が4.9秒なので車としては速い方だと思うし, ここまでのハイパワーな車は所有したことがないので, 自分の運転技術では性能を引き出すことは不可能. 高速道路に乗り中間加速も試してみたが, 笑えるくらいの加速感. とは言え, リッターバイクに乗り慣れている私からすれば, 絶対的な加速度・加速感はバイクの方が全然上. 感心するのは8ATで, 一昔前よりも多段化されているのでスムーズになるのは間違いないが, 運転していてそのつなぎ目が全く分からないところが素晴らしい. ここまでATが加速性能や燃費で優位になってくると, マニュアルミッションの存在意義が益々薄くなってくる…

きっと家族の送迎用車になるだろうけど, これからは都内を中心に6気筒を堪能していきたいと思う. あ, この車は鬼嫁に内緒で購入したのだが, 仕事から戻ってきて自宅にM135iが停まっているのを見て激怒. この鯉のぼりみたいなツラの車は何なんだ, 今すぐ返品してA180に変えてこい!と… そうだよねぇ, 確かに鯉のぼりだよねぇ…

安物買いの…

ここ最近はアクシスZのメンテナンスをサボっているため, 眠っていたエアーコンプレッサーを引っ張り出してきた. この製品はAmazonで購入してからというもの全く使用しないまま放置していたので, 使い勝手や性能は分からず.

IMG_1282

ソフトケースに本体・充電器・ホース等が収納されており, 本体は電動ドライバーのようなガンタイプとなっている. 全体的に作りは雑で安っぽい感じの所謂中華製という奴だ. 工具なので見た目ではなく機能性・耐久性が良ければ問題ない.

IMG_1283

Amazonに商品掲載されている中華製のものは偽レビューで溢れかえっているため, 高評価であるからと言って飛びつくと大抵痛い目にあう. このエアー・コンプレッサーも御多分に漏れず評価だけは良かった. では何故購入したのかと言うと, ドイツ製や日本製で信頼できそうなエアー・コンプレッサー(ハンディタイプ)を見つけることができなかったから. こういったコンシューマー向け工具等は中華製に駆逐される運命なのかもしれない.

で, 結論から申し上げると, “購入しなければ良かった”. 接続部の設計が悪いからエアー漏れし易いし, 熱は発しやすいし, 稼動時の音量が大き過ぎて近所迷惑だし, 緊急停止が効かないし, アクシスZのエアーを満タンにしたら嫌になり, R1250GSはガソリンスタンドで入れようという気になってしまった.

それにしてもAmazonの商品表示から, 中華製を除外する機能を作って欲しい. 偽レビューに対してはソースIPアドレスを日本に絞るような対策は実施したようだが, そんなものはイタチごっこな訳で十分な対策にはなり得ない.