温故知新

BMWはホンダと並び“エンジン屋”と言われ, その中でもシルキーシックスとボクサーツインはそれぞれBMWの4輪と2輪を代表するような単語である. シルキーシックスの源流は70年代の5シリーズに搭載された3.5Lエンジンと言われているが, 2輪のボクサーエンジンともなると20年代まで遡る. とにかく歴史があるエンジンたちなのだ.

Boxer

最近のBMWは直3や直4エンジンを積極的に採用しているとは言え, BMWを代表するエンジンである直列6気筒. 日本ではかつてスープラやスカイラインで搭載されていた直6もいまや絶滅危惧種. ここにきて海外勢でもメルセデスがS400dで復活させており, 国内においてもマツダが直6+FRアーキテクチャを2020年に登場させるという話が出ている.

N55

今日は大量に資料を運ぶ用事があり, R1250GSに跨り市街地と高速を爆走した. Dynamicモードで高速道路を走っていると可変バルタイにより, 中間加速がとても気持ち良く, そして速い. 昔, R1150Rの試乗で知ったボクサーエンジンの心地よさが心にどこかに残り続け, R1150GSで初めてBMWオーナーとなりボクサーの虜となった. パワーではなく心地よさが身上のボクサーであるはずが排気量アップ, そして空水冷化, 更に可変バルブタイミング機構を得て, 最新エンジンは至上最高のボクサーであると断言する. 1920年代に登場したボクサーエンジンは70年代に日本の4気筒エンジン勢に押され開発中止寸前まで追い込まれたが, 進化を信じて諦めなかったBMWに結局 日本勢は敵わなかった.

DSC_0025

エンジンを止めた状態での取り回しは非常に重く, ガレージから出して転回するのも一苦労. ところがエンジンをかけてスタートしてしまえば, 巨体が意のままに動くGSは化け物である. 以前, 巨体のカワサキ 1400GTRに乗っていたことがあるが, あれは走っていてもそのまま巨体と重さを感じるバイクだった. BMWのボクサーは, 低重心という大きなアドバンテージを武器とし, 性能とフィーリングを高次元で実現する最新の1,254ccエンジンは間違いなく名機である.

私はこれまでもボクサーツインを乗り継いできたが, おそらくこれからもボクサーツインしか乗らないと思う. 人には好みというものがあり, コレだ!というものに出会ったならば, 長く付き合うのが自然. 4輪だと私にとっては直6がそれになるのかもしれない. 昔はボクサー4に慣れ親しんだものの, BMW E61 525iを所有してその滑らかさに感動し, スバルのボクサーエンジンがガサツに感じてしまった程. 今回, 車を物色する過程で様々なメーカー・車種を検討し, デザインに気に入ったものは多数あったが, いざ自分が運転するシーンを思い浮かべたときにやはり直6エンジンを優先してしまった. これが “好み” というものなのだろう.

本当は直6を6MTで運転してみたかった. 少々驚いたのが, 6MTよりも8ATの方が加速等のスペックで上なのだ. 今や多段化されてオートマチックは直6の性能を最大限に引き出すミッションに進化した訳だ. さて, 1週間後は納車. 久しぶりのシルキーシックスはどれくらい進化しているのか楽しみ.

DSC_0023

昼頃に散歩しながら, 気になっていたお店にふらっと, ハンバーガーをTakeoutしてみた. 注文した後に商品を取り行くまで相当に時間が経ってしまったので家に着いたときには冷めてしまっていたが, チリチーズバーガーは最高にうまかった. 肉うますぎ. またダイエットしないと…

DSC_0024

 

明けましておめでとうございます

年末年始は段ボールの山と格闘しつつ, 後はほぼ何か食べている感じ. 感覚的には数Kg太ったと思われる. ダイエットも台無しだけれども, まぁ良しとして6日以降に改めて摂生しようかと.

引越しでバタバタしていたこともあり, 恒例の御節取り寄せは今年はお預けで, お雑煮を中心に朝は過ごしてみた. 我が家の鬼嫁もキッチンが広くなったと喜んでおり, 以前の住まいよりもキッチンに立っている時間が長いような気がしなくもない.

IMG_1221

私の場合, 引っ越して良かったことのNo.1は当然, バイクガレージを確保することができたことであり, 次点は夫婦ともに寝室を確保することができたこと. 何しろ以前の住まいでは, 個室は子供たちに取られていたこともあり, 夫婦はリビング+αに雑魚寝していたという何とも言えない期間を長らく過ごしてきた. そのため, 静かな個室でちゃんとしたベッドで寝ることができることが結構な幸せだったりするのだ.

IMG_1229

夜は少し贅沢をして肉とシャンパン. 会社の納会で余ったウィスキー(白州)のボトルを頂戴したので, ほぼ毎夜美味しいウィスキーとくだらないテレビ番組で過ごしているから, 6日の仕事始めからちゃんと仕事できるか心配.

IMG_1224

元日は犬を連れて公園を散歩. 何だかランナーと犬だらけの公園で, 元日から妙に賑わっているから子供たちと笑ってしまった. 元日からランニングするなんて意識高いのね.

散歩しながらこの建物を見たときに子供たちが「あれは飛び込み台に違いない」と話していて, 私も「あらゆる高さ・方向に飛び込めるなんて斬新なデザインだなぁ」なんて思っていたのだけど, 近づいてみると何なる塔で… というのは失礼で, オリンピック記念塔だそう. 今年の東京五輪では何かしらオブジェ的なものは造るのだろうか.

IMG_1233

3日になってようやくお参りに出掛けた. 子供たちは彼氏や友達と初詣に行くということで, もう親とは一緒に行動してくれない年齢に. こうなったら早く独り立ちして欲しいわ. 家族揃って車で移動するという必要性も低下し, 以前の住まいは駅チカであったこと, 駐車場代が2万円強/月もかかるということでマイカーを手放して久しい. ところが引っ越してからは駅からだいぶ離れていることもあり, 再びマイカーを所有するかという話になってきている.

以前も触れたが, ここ最近は荷物を運ぶ機会も多くタイムズカーシェアの利用率が高い. 様々な車に乗る機会もあったので, プチインプレしてみたいと思う. まず, その外観から個人的には絶対に購入しないだろうと思っていたトヨタ・C-HRだが, ハンドリングも乗り心地も良好であった. 路地に入ったときに車体コーナーの見切りがやや難しかったこと, 車体のサイズの割に荷物があまり積めないことが気になったかな. 何となく売れている理由も分かった.

CHR

次に先代のマツダ・デミオ. デザインとしては先代のため少しだけ野暮ったい印象を受けるが, 走りはZoom-Zoomのマツダということで大いに期待した. しかしエンジン特性もハンドリングも含めて, 乗っていてイマイチ楽しくない. この時代, コンパクトであっても何かしら光るものがないと厳しいのではないかな. MAZDA3も期待していたのに評判は今一つだし, 何しろSky-Active搭載モデルの値段が幾ら何でも高過ぎる!FY2019の業績もパッとしなかったし, マツダには頑張って欲しいところである.

先々代のNAインプレッサ. 走りに定評のあるインプレッサとは言え, NAの廉価モデルだろうとあまり期待していなかった. ところがエンジンのトルク感やハンドリングが運転していて気持ち良く, デミオと対照的であった. やはりボクサーエンジンの成熟度・低重心がなせる技なのであろうか, 元スバリストとしてもボクサーの良さを再認識した車だった. しかし, タイムズは禁煙がルールであるのに借りた車両はタバコ臭いわ汚いわ, タバコの空箱が転がっているわで最悪だったな.

現行のトヨタ・シエンタ. これまた個人的には絶対に試乗も購入もしないであろうファミリーカーの極み. 利点は両側スライドドアであること… それ以外は特に印象は何も残っていない. 本当に可もなく不可もなくという車で, 道具として捉えれば何も問題ないし, Fun-to-drive的な何かを求めるのであれば選択肢にはなり得ないだろう. 後, トヨタのノアだかヴォクシーだかも利用したが, 想像していたよりも非力だしハンドリングも特筆すべきものは無いし, 売れる理由が私には分からなかったな. 5人家族だと, どうしてもこの手の車を選択せざるを得ないのだろうか. 立体駐車場に入らないケースも多いだろうし.

シエンタ

何気に好印象であったのは, スズキ・ソリオ. 両側スライドドアの使い勝手とスムーズなエンジン. ハンドリングも悪くないからコストパフォーマンスは高いと思う. スズキと言えば, タイムズカーシェアに新型ジムニーが車種として登場したら大人気になるだろうね!燃費も良いからシェアカーとしても悪くないと思う. ちょっと違った車種に乗ってみたい, レンタカーをあえて借りる程ではないけれど, シェアカーでちょい乗りできるなら, ジムニーを利用してみたいという男子ニーズはそれなりにあるのでは. 女子ニーズはまったくないだろうけどね!

SOLIO

さて我が家のマイカー選定であるが, 駐車場が広い訳では無いし, 前面道路が非常に狭いこと, 駐車場スペースには自転車を駐輪することを踏まえると, サイズが大きい車は避ける必要がある. また, せっかく所有するならば車としての出来が良いものは選びたい. 基本的に私はバイク好きではあるが, 車も嫌いではないから. 渋滞は大嫌いだけど.

で, 以前の候補はアバルト・プントや595のマニュアル車であったが, イタリアの熱血カーは鬼嫁の理解が得られそうにない. 私としては価格的にもサイズ的にもプントが最良の選択だと思っているのだが. そもそも5ドアである必要を感じていない.

Putoevo

次に, 鬼嫁の意見やネットでの評判, プロドライバーの評価を踏まえて選択肢に挙げたのはメルセデスの先代A180である. A250 4maticの評判はイマイチで, FFのA180の方が軽快でお薦めという意見が多い. サイズ的には最適だし, パワーは必要にして十分, 中古車価格も先代の前期型はかなり下がっており問題なし.

A180

問題があるのは, このメルセデスのフロントデザインが巷で溢れかえっていること. そう, 私は天邪鬼的なところがあるので, 車の出来が素晴らしくても何か大衆的な匂いを感じて敬遠してしまうところがある. 矛盾の塊みたいな人間なのは良くわかっているが, 車に移動手段としての道具以上のものを求める時点で, 自己満足があって何が悪い!

ということで, 現時点の候補はBMWの先代M135i(前期モデル)である. サイズは丁度良い具合だが, FRということもあり, 後部座席がめっちゃ狭いのが少々難点. サイズの割には車重が1,540kgもあり, まぁ 3リッター直6ターボエンジンを搭載しているからこんなもんかな, と.

M135i

320ps・45.9kg-mのパワーが炸裂するコンパクトカー, つまりホットハッチというのも面白いだろう. ホットハッチと言えばルノー・メガーヌRSが有名だが, あれは中古であっても価格が高過ぎる!その点, M135iは良い感じで値崩れしているし, 先々代の130iよりも乗り心地が改善され, 直6が奏でるエグゾーストノートのコンパクトFRはF20型が最後だろうし… 最大の問題は糞ダサいエクステリアデザインかもしれない… うーむ.