由比 × R1250GS

ようやく引っ越しが完了し, 念願のガレージにバイクを収めることができた. ガレージはコスト削減のために一時は文化シャッターの安いヤツに変更しそうになったが, オーバースライダー方式の静粛性とブラックの扉を捨てきれず, 当初計画通りにレムコを採用. 準防火地域のため防火シャッターを選択する必要があったことも商品選定で悩んだ一因. 結果としてレムコ製を選んだことは非常に満足度が高く, シャッターが木目のようなシボが入っており高級感が漂う造りであることが想定外に良かった点である. オーバースライダー方式のため開閉時にシャッターを巻くガラガラ音がすることも無く, 僅かな力で開けることが可能. 一方デメリットとしてはシャッター収納のための構造部材がガレージ内天井部を占拠するため, 見た目の圧迫感があることと, 家の設計士がガレージ構造を十分に理解していないと, スイッチ類等が干渉したり施工時に問題が発覚するリスクがある. 私の場合もガレージ設置・取り付け時になって, 既に工事済みであったライトやスイッチ類が, ガレージ構造部材と干渉して問題となった.

DSC_0005

シャッターとはまったく関係無いのだが, ガレージの大きさが図面でイメージしていたよりも狭いことも不満. 何とR1250GSのセンタースタンドを掛けることができず, もう少し奥行きを確保すべきであったとかなり後悔. センスタを掛けないと停車時に車体が斜めになり設置すぺースを取ってしまい, アクシスZの出し入れがやり辛いことといったら無い. ま, それでも屋根があるスペースにバイクを置くことができて私は幸せだ.

DSC_0004

家の引き渡し日はお祝いもかねて嫁と寿司屋で海鮮丼ランチをいただいた. 鮑・ウニ・帆立までのっているのに激安で, スーパーで売っている寿司パックの値段と大して変わらんという最高のお店.

IMG_1191

さて, 今日は2019年の締めくくりとして由比まで海鮮丼を食べに行って来た. どんだけ海鮮丼好きなんだよという話だが, 桜エビがメインの海鮮丼は都内では早々出会えないので, ツーリングならではのメニューである. 店は大混雑ではあったが, 1時間弱待っただけあり文句無しに美味かった.

IMG_1207

今回一緒に走った方がMV Agusta F3-675乗りで, 何と走行距離数百kmの新車状態. しかも鮮やかなライトブルーが眩しい非常に珍しいモデルだ. 250cc相当の車体に128馬力の3気筒エンジンは本気で走ったら軽快で楽しいだろうな. ただ下のトルクは全然無いらしいので街乗りには不向きかな.

DSC_0003

今年も残すところ僅か2日.

R152 × R1250GS

5月は異常に暑かったねぇ. 近年は「異常に」とか「50年に1度」といった表現が頻繁に使われるので, 伊勢湾台風並みの災害が発生したときは何と言えば良いのだろうか.

千葉県で開催された会社のゴルフコンペに参加した日は, 5月としては正に酷暑. 前日に同じような気温の中, トランプ大統領と安倍首相が近くの茂原カントリークラブでラウンドしてたことを考えると, 年下の私が熱中症で倒れる訳にはいかない. が, ランチ時には目の前がクラクラして生きた心地がしていなかった. 金払って何やってるのだか.

20190527_143722

休みの日は価格が高くなり過ぎたキッチンを見直すべく, 短時間で4箇所ものショールームを回って, ある意味ラウンドしている感じ. キッチンは私に決定権がいっさい無いので嫁に判断を任せたが, 結局はメーカーや商品グレードを見直すには至らず, 扉等の仕様を見直すに留まった. むしろガスコンロからIHに変更したいと言い出し, もう全然コスト削減になってないし.

IMG_0840

パッと見で薄汚れたような扉カラーを選択, これがキッチンエリアに設置されたときにどう映えるのか, CGでもないと想像がつかない. まぁ, 私が使う訳ではないからどうでも良いのだが.

IMG_0873

平日も地方や海外への出張もあり, ゆったりとした生活にはなっていない. あ, それでもゴールデンウィークの10連休は人生初の2桁連休だったから, 貴重な体験ではあった. サラリーマンの悲しいところで, 勤務先でもお客様との間でも「流石に10連休は長過ぎたね, 終盤は早く働きたかったよ」という会話が多く, フランス人やイタリア人が聞いたら馬鹿かと思うのだろう.

出張でもアジア方面は比較的ホテルが安いので, 部屋がゆったりしていてくつろぐには丁度良い. 今回の中国出張で泊まった部屋はちと広すぎて, どこで過ごしたらよいかソワソワしてしまうくらい. 自宅では3帖くらいのエリアで過ごしているからね.

IMG_0846

異国の地で街中をふらふらと散策するのも面白い. 日曜日の昼間だというのに人があまり歩いていないのは何故なのだろう.

IMG_0849

と思ったら夜には大人たちが歩道に集まって何やら怪しい踊りをしているし. ちょっと邪魔じゃない?と思ったりもするが, 外国人が文句を言うところじゃないので撮影だけさせてもらった. そうそう, 秩序という点では監視カメラの設置がかなり進んだことで, 車の運転は昔よりも確実に穏やかになっている. うん, 良いことだ.

IMG_0854

中国に来たなぁと思うのが食事タイム. ここは明らかに文化の違いで, 客人には食事は余る程提供するのが中国流のおもてなし. 我々は勿体ない文化なので, 美味しい食事が余っているのを見るのは心が痛い.

IMG_0874

地域により味付けも大きく異なる中華料理, 本場はとても美味しい(毎日食べるのは辛い). 調子に乗って食べていると確実に太るし, 薦められるアルコール度数50%の白酒(バイチュウ)は明らかに体にダメージを与える. 中国の方は我々に食え・飲めと薦めるのに, 自分たちはあまり手を付けないのは何故. 聞いてみると皆さん最近は健康志向のようでジムにも通っているのだとか.

IMG_0879

さて, 私の要望を汲み取っていただき, S氏が「国道152号の旅」に連れて行ってくれた. 152号線は静岡県の浜松から, 長野県の諏訪を結ぶ山道だ. 途中は軟弱な地盤のせいで道路が作れず, 152号線としては分断されている箇所もある.

IMG_0903

土砂崩れの影響なのか, 通行止めとなっている箇所があるようで, 迂回した道路が更に通行止めとか, かなり想定外の連続であったこの日. まぁ, 行き当たりばったりは嫌いではないので, 152号線を走った距離は多くは無かったが結構楽しめたな.

IMG_0904

慣らし運転もほぼ終わったので, ワインディングで上まで回せる機会も多くなってきた. やはりR1200GSからエンジン変更が最も感じ取れる違いで, トルクの関係もあってそんなにガンガン回さなくとも走ることができるのがR1250GS. これを穏やかになって良いと感じるか, 楽しくなくなったと感じるかは人それぞれだろう. だたMV Agustaがジェントルになったらそりゃ面白くないだろうが, Rシリーズのボクサーエンジンは回り方がガサツだから, ジェントルになった方がより「らしさ」が出る気がする. 高速道路で100km/hくらいで流していると, R1200GSよりもプロペラ飛行機のようなフィーリングになっていて, 加減速せずに心地良さを感じるこのエンジンは神か, とも思う.

今回のツーリングでもう1点気づいたところがある. 上まで回したときの回転の仕方がR1200GSから変化している. ある回転域で頭打ちになっていたところが, もう少し上まで淀みなく回っていく感じになっている. これが可変カムの効果なのか.

IMG_0906

さて, 次はどこに行こうかな… 梅雨が明けたら酷暑が待っているのか. 冬眠じゃなくて夏眠だな.