R1250GSの欠点

10月だというのに何という暑さ!運動会の時期は晴天だと日焼けすることもあるが, 最高気温が32~33℃はさすがに異常でしょ. それでも湿度が低いから木陰に入ると快適なので, 秋の入口を感じることも確か. 同じ気温でも梅雨の季節は本当に不快だから.

そのような最高気温が予想される中, 職場のゴルフコンペに参加して全身筋肉痛になってきた. 気温も異常だけどスコアも異常値, いや実力値か… どうしてお金を払ってフラストレーションを溜めなければならないのか. 本当に理不尽なスポーツである. ま, 朝は大雨だったのにスタート時点で雨が上がるという運の良さだけは嬉しかったが.

IMG_1114

今日も「気持ちの良い猛暑」というツーリング日和の中, いつもスクーターで通る都内の道をR1250GSで走ってきた. スクーターは小回りが効くので交通量によらず安定した移動速度がメリットだが, R1250GSはトルクを活かしたメリハリのある移動が真骨頂. 非常に重い車体を分厚いトルクとシフトアシストで, ここぞというポイントで追い越し・車線変更を可能にする. 狙ったポイントに想定時間内に到達できる加速力というのは, ある意味で安全性が高いと思う.

R1250GSの可変バルブ機構は素人の私にはその恩恵を感じることは中々難しいことではあるが, 今日はフル加速したときに「気持ちが良い」と感じることができた. これはあくまでも個人的な意見ではあるが, 基本的にBMWのボクサーエンジンを高回転まで回したときに気持ちが良いと感じることは無かった. R1150GSは素晴らしい空冷ボクサーで, 高速道路を流しているときの鼓動は心地よく, R1250GSと2台持ちしても良いと思えるくらいだ. しかし, エンジンを高回転まで回しても高揚感の欠片もなく, しばらくすると回す気すら起きなくなる. R1200GS LCでは空水冷化され別モノのエンジンに仕上がった. それでも高回転域は頭打ち感があるのもボクサーだからと思ってきた. これがK1300Rならば脳天を突き抜けるような二次曲線的加速感を味わうことができ, エンジン性能を引き出す前に恐怖でアクセルを戻してしまうのが現実.

ところが, 今日はR1250GSをフル加速させてみて, 二次曲線的加速感の片鱗を垣間見ることが「一瞬だけ」できた. 本当に感覚的なもので, これまでのGSでは惰性で回っているはずのエンジン回転数から, もう一段加速する挙動だったので, これが可変バルブ機構の恩恵なのかなと. よくもまあここまでボクサーエンジンを進化させるBMW社とは恐るべきだが, まだメカニカルノイズという点では改善の余地があるのではないだろうか.

もう一つ, R1250GSになって明らかにおかしいと感じることがある. 個体差なのかもしれないが, 運転していてウィンカーが出しっぱなしなっていることが多々ある. このウィンカータイプはK1300R・R1200GS LCに続いて3台目であり, むしろ使い慣れている形状. にも関わらずウィンカーキャンセルされていない状態が多々あるというのは, 私の操作ミスということだけではないはず. 個体差ならばスイッチ部を交換して欲しいな…

2019-02-11_13-42-55_314

金精峠 × R1250GS

夏の蕎麦は犬も食わないとは言うものの, 暑さで減退した食欲には蕎麦で丁度良い. しかも食事の好みが全く合わない我が夫婦にあって蕎麦だけは毎日食べてもいいよね, というくらい互いに蕎麦好きなのだ. で, かなりの頻度で行くの蕎麦屋が更科堀井. もり蕎麦は当然で, 邪道と言われるかもしれないが, カレー南蛮蕎麦が絶品.

IMG_0995

麺類は夏バテでも比較的食欲がわくのだろうか, 昨日は灼熱の中あえてラーメン屋に行ってみた. 久しぶりに一風堂で赤丸にたまごトッピングを注文, なんとほぼ1,000円というプライスは博多ラーメンとしては違和感ありまくり. 博多ラーメンって500~600円で替え玉注文しまくって腹を満たす感覚だからなぁ.

20190803_110615

美味しいのは確かなんだけど少々記憶が美化されていたかもしれない. 最近は美味しいラーメン屋って沢山あるから並んでまで一風堂に入りたいかと問われると微妙かも. 口直しという訳ではないが近くに洒落たカフェがあったのを思い出し, 試しに入ってみた.

20190803_104253

店員のお姉さんが接客上手で参った. 本日の珈琲(アイス)を注文したら

「水出し珈琲がお薦めですよ!」

と笑顔で返してくるので, 注文を受け付けずに少しお高い別メニューに切り替えてくるとは相当なツワモノと認識した. 「じゃ, それで」とこちらが折れると,

「ラージサイズでよろしいですか?」

とこれまた当然のように大きい方を前提にするので, オッサンは狼狽しきりである. ようやく珈琲にありつけると思いきや

「店内でお召し上がりですか?」

と問われ, すっかりペースに飲み込まれている私は, その問いの奥に隠された意図を探りたくなった. しかしクリンとしたその瞳にそれ以上の営業的意図は無いはずだと判断し, 「店内で」と手短に返答した. しかし, 甘かったようだ.

「それではこちらの焼き菓子をご一緒にいかがですかぁ?」

なるほど, スクーターでやってきた私は明らかに「しゃれたカフェ狙いでやってきた初来店の客」と見極めているということか. ならばこちらも少し意地悪をしてやるか. 「うーん, そう言われても悩ましいですね. 何かお薦めってあるんですかね.」

「こちらにあるもの, 全てがお薦めで御座います!」

20190804_081503

いざ, 避暑地へ.

家の事情で14:30には帰宅せねばならないことをS氏に伝えると, 宇都宮から沼田に抜ける金精峠越えルートはどうかとの提案. 山道ならばこの暑さも軽減されるはずと思い, 提案ルートで即決. 蓮田S.A.でトラック前に佇むS氏のR1200GSはイケてるじゃあないか.

20190804_105312

いろは坂を登りきると約24℃程度の気温で湿度も高くないので, 走っていて最高に気持ちが良い. バイクって本当に楽しいなぁと感じる瞬間 …って下界では暑くて苦痛した感じないのに. 湖畔でソフトクリームとホットコーヒーで寛いでいると時間が止まった気になってしまう.

20190804_095957

Akrapovic装着後に長距離を走ってみた分かってきたことがある. 確かに純正オプションのAkrapovicスリップオンは車検対応のため排気音は控えめで, 勇ましい音量が好みならば全くお薦めできない代物だ. しかし, 純正マフラーだと少し耳障りだと感じる回転域があるのだが, そういった雑音が上手く取り除かれている印象だ. また, アクセルを開けて上まで回したときのフィーリングと, オートシフターでシフトダウンしたときのブリッピング音がノーマルよりも明らかに気持ち良い. R1200GS+Akarapovicはメリハリが効いた感じで特にDynamicモードに設定すると傾向が顕著であったが, R1250GS+Akrapovicはメリハリは感じずいつの間にかスピードが出ている感じ. これ, 四気筒好きには好まれない味付けのような気がする. ただトルクはそれなりなのでコーナーからの立ち上げはイージーで, テレレバーのお陰で突っ込みもしやすいからそこらのバイクに後れをとることは無いだろう. R1250GS, 峠では最高に安全で面白いバイクだと思う.

20190804_111709

帰路の高速道路では気温38℃で熱中症寸前まで行ったので, 8月はもうツーリングに行くのは止めよう…

R152 × R1250GS

5月は異常に暑かったねぇ. 近年は「異常に」とか「50年に1度」といった表現が頻繁に使われるので, 伊勢湾台風並みの災害が発生したときは何と言えば良いのだろうか.

千葉県で開催された会社のゴルフコンペに参加した日は, 5月としては正に酷暑. 前日に同じような気温の中, トランプ大統領と安倍首相が近くの茂原カントリークラブでラウンドしてたことを考えると, 年下の私が熱中症で倒れる訳にはいかない. が, ランチ時には目の前がクラクラして生きた心地がしていなかった. 金払って何やってるのだか.

20190527_143722

休みの日は価格が高くなり過ぎたキッチンを見直すべく, 短時間で4箇所ものショールームを回って, ある意味ラウンドしている感じ. キッチンは私に決定権がいっさい無いので嫁に判断を任せたが, 結局はメーカーや商品グレードを見直すには至らず, 扉等の仕様を見直すに留まった. むしろガスコンロからIHに変更したいと言い出し, もう全然コスト削減になってないし.

IMG_0840

パッと見で薄汚れたような扉カラーを選択, これがキッチンエリアに設置されたときにどう映えるのか, CGでもないと想像がつかない. まぁ, 私が使う訳ではないからどうでも良いのだが.

IMG_0873

平日も地方や海外への出張もあり, ゆったりとした生活にはなっていない. あ, それでもゴールデンウィークの10連休は人生初の2桁連休だったから, 貴重な体験ではあった. サラリーマンの悲しいところで, 勤務先でもお客様との間でも「流石に10連休は長過ぎたね, 終盤は早く働きたかったよ」という会話が多く, フランス人やイタリア人が聞いたら馬鹿かと思うのだろう.

出張でもアジア方面は比較的ホテルが安いので, 部屋がゆったりしていてくつろぐには丁度良い. 今回の中国出張で泊まった部屋はちと広すぎて, どこで過ごしたらよいかソワソワしてしまうくらい. 自宅では3帖くらいのエリアで過ごしているからね.

IMG_0846

異国の地で街中をふらふらと散策するのも面白い. 日曜日の昼間だというのに人があまり歩いていないのは何故なのだろう.

IMG_0849

と思ったら夜には大人たちが歩道に集まって何やら怪しい踊りをしているし. ちょっと邪魔じゃない?と思ったりもするが, 外国人が文句を言うところじゃないので撮影だけさせてもらった. そうそう, 秩序という点では監視カメラの設置がかなり進んだことで, 車の運転は昔よりも確実に穏やかになっている. うん, 良いことだ.

IMG_0854

中国に来たなぁと思うのが食事タイム. ここは明らかに文化の違いで, 客人には食事は余る程提供するのが中国流のおもてなし. 我々は勿体ない文化なので, 美味しい食事が余っているのを見るのは心が痛い.

IMG_0874

地域により味付けも大きく異なる中華料理, 本場はとても美味しい(毎日食べるのは辛い). 調子に乗って食べていると確実に太るし, 薦められるアルコール度数50%の白酒(バイチュウ)は明らかに体にダメージを与える. 中国の方は我々に食え・飲めと薦めるのに, 自分たちはあまり手を付けないのは何故. 聞いてみると皆さん最近は健康志向のようでジムにも通っているのだとか.

IMG_0879

さて, 私の要望を汲み取っていただき, S氏が「国道152号の旅」に連れて行ってくれた. 152号線は静岡県の浜松から, 長野県の諏訪を結ぶ山道だ. 途中は軟弱な地盤のせいで道路が作れず, 152号線としては分断されている箇所もある.

IMG_0903

土砂崩れの影響なのか, 通行止めとなっている箇所があるようで, 迂回した道路が更に通行止めとか, かなり想定外の連続であったこの日. まぁ, 行き当たりばったりは嫌いではないので, 152号線を走った距離は多くは無かったが結構楽しめたな.

IMG_0904

慣らし運転もほぼ終わったので, ワインディングで上まで回せる機会も多くなってきた. やはりR1200GSからエンジン変更が最も感じ取れる違いで, トルクの関係もあってそんなにガンガン回さなくとも走ることができるのがR1250GS. これを穏やかになって良いと感じるか, 楽しくなくなったと感じるかは人それぞれだろう. だたMV Agustaがジェントルになったらそりゃ面白くないだろうが, Rシリーズのボクサーエンジンは回り方がガサツだから, ジェントルになった方がより「らしさ」が出る気がする. 高速道路で100km/hくらいで流していると, R1200GSよりもプロペラ飛行機のようなフィーリングになっていて, 加減速せずに心地良さを感じるこのエンジンは神か, とも思う.

今回のツーリングでもう1点気づいたところがある. 上まで回したときの回転の仕方がR1200GSから変化している. ある回転域で頭打ちになっていたところが, もう少し上まで淀みなく回っていく感じになっている. これが可変カムの効果なのか.

IMG_0906

さて, 次はどこに行こうかな… 梅雨が明けたら酷暑が待っているのか. 冬眠じゃなくて夏眠だな.