軽井沢 × R1250GS

広島出張が立て込んでおり, 打ち合わせしては食べて呑んでの繰り返し. 広島と言えば牡蠣やアナゴ飯, お好み焼きが有名ではあるが, 汁なし担々麵も代表的なソウルフードらしい. 街中には彼方此方に汁なし担々麵屋があって, しかもその値段が安いのが嬉しい.

2019-10-25_12-38-03_397

確かに美味しい. ただ, 麺はちょっと自分の好みではないかなという点と, 汁有りの担々麵や台湾風まぜそばと比べて, これじゃなきゃ感が不足気味かな… ということで★3.5

11月に入り昼夜の寒暖差も激しくなり, めっきり秋らしくなってきた. 東京ビッグサイトで東京モーターショーが開催されている中, 寝具を調達しにビッグサイト横にある大塚家具まで出掛けたら, 休日にも関わらず電車が物凄い混雑で大変な目にあった. 東京モーターショーは衰退の一途を辿っており, これは米国や欧州でも同様の傾向のようで, 危機感を持っている豊田自工会会長は今回のモーターショー開催にあたっては展示方法をテコ入した. 単に販売中や販売間近のモデルを展示するのではなく, 将来的なモビリティの可能性を示す取り組みであったと理解しているが, テコ入れが奏功したのか来場者は130万人と大幅に回復. 出展メーカー数が激減している中で, これは凄いことだと思うよ.

2019-11-02_11-27-20_661

大塚家具が入っているビルには何とヤマハのYZR-M1が展示されているではないか(何気にその奥にはスバルインプレッサが). MotoGP会場で展示されていれば大人気であっただろうに, 単なるテナントビル内では誰も見向きもせず. まるでH・R・ギーガーがデザインしたような, ヌメっとしたスタイルが何とも言えないじゃないか.

20191104_113446

さて, 3連休最終日は快晴となり, 紅葉を期待して軽井沢まで出掛けてきた. 青梅から出発し, 軽井沢までは高速道路を使わず全てワインディングという体育会系ツーリングを敢行. この季節なので枯れ葉に注意しなければならないし, 台風影響もあって道が抉られている箇所もあるから, いつもより神経を使わねばならなかった. R1250GSのエンジンは相変わらず快適で, Akrapovicを装着してからというものエンブレ時の排気音も愉しめるようになった.

20191104_113721

さすがに軽井沢まで来ると紅葉が素晴らしく, 星野リゾートが洒落た展示をしているものだから, 何ともまぁ寛げる空間を演出している. 寛げないのは人の多さで, 軽井沢だけに訪れている人が皆 意識高い系な感じで, 人の多さも相まって此処は寧ろ東京か!と思ってしまう. 40分程度も待ってありついたランチはそこそこの値段ではあるが, 美味しかったので文句は言うまい. 星野リゾートはうまいことやってるなぁ.

20191104_122719

帰路は清里を抜けて中央高速ルートを選択することとなり, 途中で牧場に寄ってソフトクリームをいただいた. 流石に秋の3連休ともなると何処も混雑していて, 高速道路も大渋滞. ドライバーもイライラしているし, 普段ハンドルを握らない人が運転していることもあるから事故には気を付けないとね. 年内にもう一回ツーリングに行きたいけど, 引越しもあるから難しいかなぁ…

20191104_141002

傷跡

台風15号では千葉県を中心に風による被害が目立ったが, 今回の台風19号は降水量が尋常ではなく, 河川が氾濫する等による浸水被害が広範囲に及んだ. 東京近郊においても被害は深刻であり, 二子玉川や武蔵小杉で冠水している映像は信じられない思いである. それでも首都圏外郭放水路や環状七号地下調節池といった治水により都市部での大規模洪水は回避することができたと感じるし, 建設について紆余曲折のあった八ッ場ダムも含めて対策は進んでおり, これが昭和の時代であったらどうなっていたのだろうか. 自民党の二階幹事長が「予測されて色々言われていたことから比べると、まずまずで収まったという感じだ」と発言して批判を受けているが,正論でも物の言い方次第で批判を受けるのは常なので想像力が欠如していると言わざるを得ないが, NASAがCategory5だと発表していたし, 現実として治水効果による被害拡大の抑制につながったとも思える訳で, マスコミもつまらないことで与党を叩いている時間があれば, 八ッ場ダムが本当に必要だったのかを台風19号で検証してみる等をしてみたらよい.

昔は氾濫による水害を被害が発生していた多摩川も, 私の記憶では溢れたことは記憶にない. 前述の通り下流で浸水被害が問題となっているが, 多摩地域でも交通量の日野橋が損傷して現在は通行止めになる等, 影響は大きい. また, 多摩川以外でも秋川の上流や浅川が氾濫しているが, あまりニュースになっておらず, このようなケースはツイッターを見る限り各地にあるようだ. 被害状況の把握という面で各自治体はリアルな情報に, ネット上の情報をうまく補完していくのが良いと思うし, 実際そのようにされている自治体はあるだろう. ただ情報量が多いため, AIで有益な情報を選別して通知する等のサービスがあると良いね. 日本では当面, 防災というキーワードがホットになるだろうし, 予算もつく領域になるのは間違いない. 温暖化傾向にある現代においては台風の巨大化は今後も続くだろうし. であれば, 台風発生時の初期段階で台風そのものを消滅させるような技術を発明できないだろうか, とも思ってしまうが, 竜巻程度ですら人類は制御できないのだから無理だわな.

台風が過ぎた昨日は所謂台風一過となり, 少々風は強かったが快晴かつ夏日となった. 地元の多摩川の様子を確認しに行くと, これまで見たことのないような濁流でしばし茫然となった. ピーク時は中州が隠れる水位であっただろうし, この水流が長時間続いたら日野橋もダメージ受ける訳だ.

20191013_094203

GSに乗って建築中の新居の被害有無をチェックしに行きつつ, 二子玉川近辺にも寄って様子を見てきた. 私が通った二子玉駅周辺は至って平穏であったが(どうやら支流である野川近辺に被害があったようだ), 橋を渡った川崎市側は各所に水が溢れたであろう痕跡があった. 気になったのは, 濁流の川っ淵で写真を撮っている人が多いこと, 少しでも足を滑らせたり足場が崩れたらマジ死ぬぜ… いくら何でも止めた方が良いと思うけど.

等々力緑地も二子玉川緑地も何事も無い時は散歩するのも気持ちが良いところで, 河沿いの自宅マンションから緑地を眺めることに憧れて住まいを構えた方も多いことだろう. 今回の台風被害を機にハザードマップの存在が見直されるはずだ.

R1250GSの欠点

10月だというのに何という暑さ!運動会の時期は晴天だと日焼けすることもあるが, 最高気温が32~33℃はさすがに異常でしょ. それでも湿度が低いから木陰に入ると快適なので, 秋の入口を感じることも確か. 同じ気温でも梅雨の季節は本当に不快だから.

そのような最高気温が予想される中, 職場のゴルフコンペに参加して全身筋肉痛になってきた. 気温も異常だけどスコアも異常値, いや実力値か… どうしてお金を払ってフラストレーションを溜めなければならないのか. 本当に理不尽なスポーツである. ま, 朝は大雨だったのにスタート時点で雨が上がるという運の良さだけは嬉しかったが.

IMG_1114

今日も「気持ちの良い猛暑」というツーリング日和の中, いつもスクーターで通る都内の道をR1250GSで走ってきた. スクーターは小回りが効くので交通量によらず安定した移動速度がメリットだが, R1250GSはトルクを活かしたメリハリのある移動が真骨頂. 非常に重い車体を分厚いトルクとシフトアシストで, ここぞというポイントで追い越し・車線変更を可能にする. 狙ったポイントに想定時間内に到達できる加速力というのは, ある意味で安全性が高いと思う.

R1250GSの可変バルブ機構は素人の私にはその恩恵を感じることは中々難しいことではあるが, 今日はフル加速したときに「気持ちが良い」と感じることができた. これはあくまでも個人的な意見ではあるが, 基本的にBMWのボクサーエンジンを高回転まで回したときに気持ちが良いと感じることは無かった. R1150GSは素晴らしい空冷ボクサーで, 高速道路を流しているときの鼓動は心地よく, R1250GSと2台持ちしても良いと思えるくらいだ. しかし, エンジンを高回転まで回しても高揚感の欠片もなく, しばらくすると回す気すら起きなくなる. R1200GS LCでは空水冷化され別モノのエンジンに仕上がった. それでも高回転域は頭打ち感があるのもボクサーだからと思ってきた. これがK1300Rならば脳天を突き抜けるような二次曲線的加速感を味わうことができ, エンジン性能を引き出す前に恐怖でアクセルを戻してしまうのが現実.

ところが, 今日はR1250GSをフル加速させてみて, 二次曲線的加速感の片鱗を垣間見ることが「一瞬だけ」できた. 本当に感覚的なもので, これまでのGSでは惰性で回っているはずのエンジン回転数から, もう一段加速する挙動だったので, これが可変バルブ機構の恩恵なのかなと. よくもまあここまでボクサーエンジンを進化させるBMW社とは恐るべきだが, まだメカニカルノイズという点では改善の余地があるのではないだろうか.

もう一つ, R1250GSになって明らかにおかしいと感じることがある. 個体差なのかもしれないが, 運転していてウィンカーが出しっぱなしなっていることが多々ある. このウィンカータイプはK1300R・R1200GS LCに続いて3台目であり, むしろ使い慣れている形状. にも関わらずウィンカーキャンセルされていない状態が多々あるというのは, 私の操作ミスということだけではないはず. 個体差ならばスイッチ部を交換して欲しいな…

2019-02-11_13-42-55_314