R1250GSの欠点

10月だというのに何という暑さ!運動会の時期は晴天だと日焼けすることもあるが, 最高気温が32~33℃はさすがに異常でしょ. それでも湿度が低いから木陰に入ると快適なので, 秋の入口を感じることも確か. 同じ気温でも梅雨の季節は本当に不快だから.

そのような最高気温が予想される中, 職場のゴルフコンペに参加して全身筋肉痛になってきた. 気温も異常だけどスコアも異常値, いや実力値か… どうしてお金を払ってフラストレーションを溜めなければならないのか. 本当に理不尽なスポーツである. ま, 朝は大雨だったのにスタート時点で雨が上がるという運の良さだけは嬉しかったが.

IMG_1114

今日も「気持ちの良い猛暑」というツーリング日和の中, いつもスクーターで通る都内の道をR1250GSで走ってきた. スクーターは小回りが効くので交通量によらず安定した移動速度がメリットだが, R1250GSはトルクを活かしたメリハリのある移動が真骨頂. 非常に重い車体を分厚いトルクとシフトアシストで, ここぞというポイントで追い越し・車線変更を可能にする. 狙ったポイントに想定時間内に到達できる加速力というのは, ある意味で安全性が高いと思う.

R1250GSの可変バルブ機構は素人の私にはその恩恵を感じることは中々難しいことではあるが, 今日はフル加速したときに「気持ちが良い」と感じることができた. これはあくまでも個人的な意見ではあるが, 基本的にBMWのボクサーエンジンを高回転まで回したときに気持ちが良いと感じることは無かった. R1150GSは素晴らしい空冷ボクサーで, 高速道路を流しているときの鼓動は心地よく, R1250GSと2台持ちしても良いと思えるくらいだ. しかし, エンジンを高回転まで回しても高揚感の欠片もなく, しばらくすると回す気すら起きなくなる. R1200GS LCでは空水冷化され別モノのエンジンに仕上がった. それでも高回転域は頭打ち感があるのもボクサーだからと思ってきた. これがK1300Rならば脳天を突き抜けるような二次曲線的加速感を味わうことができ, エンジン性能を引き出す前に恐怖でアクセルを戻してしまうのが現実.

ところが, 今日はR1250GSをフル加速させてみて, 二次曲線的加速感の片鱗を垣間見ることが「一瞬だけ」できた. 本当に感覚的なもので, これまでのGSでは惰性で回っているはずのエンジン回転数から, もう一段加速する挙動だったので, これが可変バルブ機構の恩恵なのかなと. よくもまあここまでボクサーエンジンを進化させるBMW社とは恐るべきだが, まだメカニカルノイズという点では改善の余地があるのではないだろうか.

もう一つ, R1250GSになって明らかにおかしいと感じることがある. 個体差なのかもしれないが, 運転していてウィンカーが出しっぱなしなっていることが多々ある. このウィンカータイプはK1300R・R1200GS LCに続いて3台目であり, むしろ使い慣れている形状. にも関わらずウィンカーキャンセルされていない状態が多々あるというのは, 私の操作ミスということだけではないはず. 個体差ならばスイッチ部を交換して欲しいな…

2019-02-11_13-42-55_314

はじめてのIKEA

3連休は雨予報だったのに, 雨が降る気配は無く予報に裏切られた. フレストレーションを抑えきれず, 朝食を食べた後にR1250GSに跨り都内を少し走ってきた. 相変わらず渋くて固いオートシフトに泣かされながらも, Akrapovicの響きに癒され少しはストレス解消になったような. ストレスと言えば環状八号線. 日曜日の環状七号線は快適に移動できるというのに, 同時間帯でも環八は大渋滞なのは何故?世田谷のあたりは車線も狭いし, バイク通行帯もないからGSのようなビッグバイクはひたすら渋滞に耐えるしかない.

7

一方, 125ccのAxis Zは無敵に近い. ゼロ発進加速では同クラスのマシンに負けるが, 運転の技でカバーできる程度のギャップだし, 小回りが効くことが最大の武器. カタログ値で54.6km/Lという高燃費も素晴らしく, たまにレギュラーガソリンを入れてあげるだけでどこにでも早く移動できるので経済性がとてつもなく高い. もう少しブレーキがガツっと聞いてくれると私好みで良いのだけど.

6

R1250GSって遠くから眺めるとモビルスーツみたいで, デザインがガチャガチャしていて嫌い. 新しいF850GSもそうだけど, 最早オフロードバイクとは言えず, 無理にカテゴライズするならマルチパーパス的な大型ツアラーといったところか. まぁ, そのマルチパーパス的なツアラー性能ときたら世界一だから, 高速移動は超快適・高速を降りてそのまま林道に突入してもケツを振り回しながら爆走できるなんて, GSかKTM 1290 Adventure Rくらいではないか. KTMのデザインもかなり未来的になってきているが, それでもRモデルはREADY TO RACEを感じさせてくれるのがKTM. 最近登場した 790 Adventure Rなんて凄いよね, あれで林道走ったら楽しいに違いない.

さて, 午後は家具を物色しにIKEAに行ってみた. 実はIKEAの店舗に行くのは初めての経験なのである. どちらかと言うと小さい店舗の方が好きなので, IKEAとかCOSTCOといった超巨大店舗で大量販売する形態は避けていたところがある. テレビやネットで頻繁にIKEAが紹介され, 非常に賑わっているし価格も安いようなので, 何か気に入る家具・小物類が見つかるかもしれない という期待値と共に店舗に行ってみると, リアルに混んでた…

4

なんだか倉庫のような店舗でビックリ. テレビでも紹介されていたディスプレイの工夫点についても, なるほどと感心させられる. 40㎡・1LDKの男性一人暮らし, 70㎡・3LDKの家族, といったようにテーマを明確化したディスプレイが沢山あるので, 見る側は商品の使い方がイメージし易いし, 順路に従い見て歩くだけでテーマパークに来ているようで楽しい.

1

それなりの頻度でディスプレイ方法も見直しているのだろうから社員も大変だろうね. ただ, 客数に対して店員の数が圧倒的に少なかったし, 住宅や家具のプロフェショナルがどれだけいるのかは少々疑問. 細かいこと聞いてもきっと答えられないだろうな… いやそこまで求めること自体が間違っているのかも. 見て回って最も気になったのは, 肝心の家具の造り・品質・デザイン. 安いのは分かるけど, 安さそのままの造りなので, 家具というより消費財といった印象. このテーブルや椅子って少し荒く使ったら壊れるんじゃね?という商品がいくつもあった. もちろんしっかりとした商品もあったが, 値段がそれなりなのでこれだったらIKEAではなくディノスの通販でもいいよねと思ってしまうことも.

3

小物類はシンプルで良い. ステンレスのごみ箱は造りが雑だったな. クローゼット内に置くちょっとした家具や整理用の収納部材としては良さそうな商品が沢山あった. ただ, 収納家具や収納用品は無印良品の方がスッキリしているし, ちょっとした小物はFrancfrancの方がお洒落感があるのも確か. IKEAならではのものは無いだろうかと見て回ったところ, 布地は綺麗な柄のものが多くコレは良いかな. 布自体の質感は当然それなりなんだけど.

2

IKEAに人が押し寄せるのは何故か, 見て回っても理解はできなかった. 家具なんて頻繁に購入するようなものではないから, 順路に従ってお洒落なインテリアブースを見て回り, レストランでミートボールを食べて帰ることでプチ非日常を味わうことが楽しい, ということかな. だって店舗内にいるお客さんは購入を検討しているというより, 子どもを連れて遊びに来ているという雰囲気だったからね. とは見かけだけで物凄い営業利益を上げているのかもしれないと思いちょっと調べてみると, 2017年(第17期)の営業利益は▲約15億円, 2018年(第18期)は▲約10億円と全然儲かってないじゃん!!

モヤモヤした気持ちのまま愛犬の散歩へ. 草に潜り込み過ぎて何の生き物か良くわからない状態に…

5

要改善 × R1250GS

このところ全国的に大気が不安定であったが, 東京は久しぶりに良く晴れた週末だった. R1250GSに乗って都内を走ってみると気持ち良い半面, どうにも納得ができない点が改めて浮き彫りになった. シフトアシストProのシフトチェンジが渋過ぎて本当に使い物にならないのだ. この点は以前から指摘していたことで, 慣らし運転とともに改善するか経過観察していたものの全く変化せず. シフトアップはまだマシで, シフトダウンがかなりの確率で抵抗が大き過ぎてシフトダウンできない. これは街中の低回転・低速度でしか見られない事象ということではなく, ガンガン攻めているワインディングでも同様だから, コーナー手前でシフトダウンできないと結構焦ることになる. 明らかに前車のR1200GS LC 2015年モデルよりも悪化しており, 個体差のような気もするが, もう明らかにクレームレベル. R1250GSのオーナーで同様の事象が無いか, 是非ご意見をいただきたい.

久しぶりに建築会社のオフィスまでバイクで出掛けてきた. 何ともお洒落なエントランスだし, オフィス内もゴージャスな造りとなっている. 同じような仕様にしたいところではあるが, 漆喰の壁・天井や造作家具の数々はとてもじゃないがサラリーマンには手が出ない. オフィスに初めて入ったときに鬼嫁が “同じ仕様にしたい” って呟いていたのはガン無視しておいた.

20190825_151924

こちらの会社の方々は皆さん対応が丁寧だし, いろんなことに相談にのっていただけるので, 仕様を決めていく過程は純粋に楽しむことができた. 今は建築フェーズに突入しているが, 現場監督にも無理を聞いていただいており本当に有難い. とは言え, 出来ること出来ないがあるだろうし, 時間の関係もあるので, こちらも当初聞いていた話と違う部分が発生しても, 割り切れる部分は柔軟に対応しているつもり. 例えば設計図面だけでは見極めできないこともあるようで, 現場監督から施工上の問題提起によりスイッチの位置を変更したり, と言ったことも発生し, まぁ仕方ないよねと思う.

IMG_2497

今日は, 建設会社の方々と一緒に上棟後, 初めて家の中に足を踏み入れた. 地鎮祭の時の地縄を見て “嗚呼, 思ったよりも狭いなぁ” と感じた面積も, 上棟後に入ってみると広く感じたりと, 家って結構難しい. 新築のタイミングで家具を新たに買おうとする場合は, どのタイミングで商品を選定するか悩ましい気がする. いずれにせよ, 今住んでいるマンションよりは広くなるので, どうでも良いのだけどね… 調整中であったコンセント位置・数量や造作棚, 壁紙, 外壁色の仕様も決まったので, あとはロールカーテン・ブラインドが決まれば終了だ.