いまさらながらの電熱ジャケット

量販店をぶらぶらしていたら, ヒートマスター(旧ヒーテック)の電熱ジャケットが格安で売っているのを見つけてしまい, 花粉が飛び始めた季節だというのに衝動買いしてしまった. 以前使っていたKLANの電熱ジャケットが機能しなくなってしまったこと, 税別30,000円が税込み19,900円で売っているならば時季外れでも買って損はないだろう. ヘラーソケットの接続コードがオプションで用意されているジャケットとなるとメーカーがある程度限定されてしまうが, ネットで見る限りではヒートマスターの評判は悪くない. しかし, 電熱ジャケットというローテク製品にも関わらず, 何故ここまで価格が高いのだろうか.

ヒートマスターでは3.5Aと7.0Aの2モデルがあり, より効果を求めるなら7.0Aだと思うが, 在庫があったのが3.5Aのみで, スクーターでの利用も考えるとバッテリー負荷の面から望ましいかな, と. デザインは超シンプルで, ここまでシンプルだと胸元のロゴもいらないぜ, と思ってしまう. 品質は良さそうなのでOEM展開とかしないのかな… 胸元にBMWのロゴがついて純正アパレルとしてディーラーに置いてあったら5万円でも買う人はいるのではないかな.

これは面白いと思った機能がワイヤレスリモコンで, まずまずの見栄えとハンドルに装着するパーツが付いているのが良いね. 運転しながら手元で3段階の切替が行えるのは便利だと思う. もしかすると一般的な機能なのかもしれないが, 私が使っていたKLANは接続コード途中についているスイッチでON/OFF切替しかできなかった.

さて, 効果はどの程度か試してみようと, スクーターに乗って試してみた. スーツの上に電熱ジャケットを着て, さらにコートを羽織るという状態で, 外気温は5~6℃の環境. ほんわか暖かいかなぁと感じる程度で走行風と相殺されて, 効果は正直微妙な感じ. さすがにスーツの上だとイマイチだったので, ワイシャツの上に電熱ジャケット, その上にスーツと着方を変えてみると効果は激変.

特に背中からの熱がよく伝わり, 腕回りにも電熱線があるのがベストタイプとは効果が大きく異なるところだろう. 街中を走る速度ではかなりの効果が感じられ, 寒い朝でも躊躇なくバイクで出掛けられる. 重要なこととして, 電熱ジャケットはジャストフィットするサイズを選択すること. ゆったりサイズだと当然電熱線と体の間に隙間ができて効果が薄まってしまう. 後はR1250GSで高速走行したときに, どの程度効果が感じられるかだな.

最近, 非常に老いを感じる出来事があり, GSに乗るモチベーションが急降下している. 走っている分には軽快なGSも, 重量は軽く250kgオーバーの巨体であり, いかに低重心ボクサーと言えども取り回しは中年オヤジにとっては辛いものがある. この先を見越して, 老いた体に優しい車重で, なおかつ乗っていて楽しいバイクに乗り替えたいと思う.

軽くて, 長距離移動も楽で, 運転していても楽しいバイクとなると車種は限定されるだろう. 重心が高い傾向にあり, エンジンが重く幅も取る四気筒は除外されるような気がする. 低重心と言われるK1300R/Sですらボクサーエンジンと比較すれば重心は高く, 低速走行はやや気を使う感じだ. K1300Rは乗っていて非常に楽しいバイクであったが, 回してナンボといったエンジン特性のため乗るには気合入れた方が良いし, 結果として体力を使うところがある.

ダラーっと走る四気筒ということであれば空冷のCB1100あたりが最適なのかもしれない. 絶対性能ではなく空冷のガサツな回転を敢えて選択する年配ライダーもいると思うが, エンジンの重さをずっしりと感じる乗り味だ. となると軽い四発はスーパースポーツか250ccという極端な選択になってしまいそうだ. 話が脇へ逸れるが, ライダー人口が減少し, 排ガス規制が厳しいこの時代にZX-25Rをリリースしたカワサキには頭が下がる思いだ. 残念ながら30年前のZXR250に対して車重もトルクも勝てず, スペック的にもエンジン基本設計としても特筆すべきものは何もないという悲しい状況ではあり, 安全性は格段に向上しつつも価格も爆上げ…

ライトウェイトであっても自分が満足する特性を持ったバイクを探すにあたり, R1250GSの特性から次バイクに求める要件を把握しようと思い, 春のような気候の中, 千葉までショートツーリングに出掛けてきた. 千葉に到着してからというもの花粉にやられて目の痒みとクシャミが止まらず, 外出したことを兎に角後悔した. 花粉やPM2.5の対策としてバイク用のマスクがあるようなので試してみようかな… で, R1250GSの特性を体で感じながらワインディングを駆け抜けてみたが, 下りでもライトウェイトスポーツについて行けないどころか, むしろGSの方が速くて “何だこのバイク” って感じ. 重心が低いからタイトコーナーでも車体の倒し込みがスムーズだし, トルクがあるからここぞという時の加速で意のままに目標点に到達できる. 余裕度が安全につながっていることを再認識したショートツーリングだった. GSに置き換えられるバイクなんてあるのか?ある訳ないだろ, という結論に達し, 体を鍛えることが解決策となった.

さて, 先日都内を運転していたら, 目の前にアルファロメオのSZが走っていて興奮してしまった!青い空に綺麗なイエローの車体が何とも言えず, これがイチョウの葉が色づいている紅葉の季節だったら, もっと映えるだろうね. 3.0L V6 SOHCエンジンを5MTでぶん回しながら乗ったら最高だと思う. アルファの旧車でもSZはプレミアついてしまっており, 庶民には手が出しづらい存在だ.

電脳化

R1250GSが2021年モデルで更に進化し, ライバル車を寄せ付けない高みに達しているが, 価格もとてつもないことになっていて, ここまで価格が上がってくると宇宙イチと言われるGSであっても欲しい!と思えるだろうか. 新車が売れなくなり, 割安感のある新古車が出回り始めるとユーザー側としては嬉しいのだが. 車もバイクも昔より価格が高くなっているのは, 安全性対策とソフトウェアの開発費が要因ではないかな. バイクは危ない乗り物と言われるが, 近年の安全性対策, 例えばABS制御一つとっても本当に進化しており, トラコンもABSも無かった昔と比べると運転していて安心感がまったく違う.

2021年モデルで搭載されたアダプティブヘッドライトはデザイン的にカッコイイというのもあるが, 夜間走行時の視認性が高まり安全性に寄与するものなのだと思う. 基本的に夜間帯にGSは乗らないから私には不要かな.

むしろ, 新たに搭載されたシートヒーターの方が寒がりの私には重宝しそうだ. お尻が暖かったら冬場のツーリングも楽しいものになるだろう. ただ, ご飯食べた後は快適過ぎて眠くなってしまいそうな気もする. 実車を見て少々微妙だと思ったのはシート表皮で, 国産ネイキッドにありそうな加工で, エンデューロマシンのイメージを持つGSにはイマイチ合わないと思うのだよね.

ウィンカーデザインも2021年モデルのポイントである. 新しい線形に光るLEDは見る人にインパクトを与えるが, 実車を至近で見るとそこまで羨ましいアイテムではなかった. 残念ながらお値段以上, という印象ではなく, どうせ似たような激安の中華製がそのうち出回るだろうから, それでもイイんじゃねと思ってしまう. いやむしろ換装しなくてイイじゃん, と.

ディーラーの店員に聞いてみたところ, これらのパーツは2019~20年モデルには現時点で取り付けできない模様. ハードウェアの問題ではなくソフトウェア. バイクが電脳化され過ぎて, たかだかウィンカー部品の換装ができないなんて不自由な時代になったものだ. ただ, 店員の言っていることもどこまで信じて良いのか分からんが…

ディーラーでは何でもASSY交換, やったことないことは「できません」だからね. もちろん, そうではないディーラーもあるだろうけど, 旧車OHVキャブモデルを信頼してメンテをお願いできるディーラーはあるのだろうか. さて, もう個人では弄れなくなっている電脳化されたバイクの脳ミソを搔きまわそうと日々研鑽しているS氏のブログをご紹介しておこう. マニアックな方には参考となる情報が満載なはずだ.

https://r1200gs880637635.wordpress.com/